【礼文島産エゾバフンウニ】ウニ丼(ウニ、ドーン!)【味が濃厚過ぎ】

本当に昨日、ウニ丼を食べに行こうと思っていたのですが、
親方から飯食うぞ!と、香深港フェリーターミナル2階の武ちゃん寿司で昼食を食べたので、また機会があればウニ丼を食べに行こうと思っていた矢先なんですが、本日ウニ漁があり、その手伝いをしていたんですが、奥さんからウニを頂きました(笑)

ほんと、タイミングですね。
昨日、ウニ丼を食べにいかなくて良かったです。






エゾバフンウニ(ガンゼ)をウニ丼にして食べました

私、基本的に晩酌するので、あんまり夜はご飯系を食べないので、朝採れたてのウニ(エゾバフン)を昼食でウニ丼にして食べる事にしました。

ウニ丼なんて、ご飯の上にウニを乗せるだけなので、あっちゅう間に完成!


ウニ丼だけでも充分なんですが、利尻昆布トロロ昆布のお吸い物と一緒に頂きます。


ワサビ(チューブ)を醤油で溶いて、流し込みます。


拡大してみると、こんなビジュアルです(笑)

すいません、、頂きます。

MATSUKATA
めっちゃ味が濃厚やん、、むしろ濃厚すぎやで! 

完食しましたが、ご飯の量が倍くらいでもエエくらい、ウニの味が濃厚でした。

当分、ウニは食べなくても良いです。食べ終わっても口の中はずっとウニがいてました。

ほんと、ウニの濃厚な味わいが好みならば、礼文島で食べるエゾバフンウニは間違いないと思います。

夜は酒の肴に魚介類を頂きます。ほんと礼文島で魚を食べると他では食べられなくなりますね、、、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!