17シーズン 2日目 関温泉【柵口温泉権現荘が最高の宿】

こんにちは、マツカタです。

大阪に帰ってきて迎える今シーズン、友人の誘いに乗り、新年2日ー4日と2泊3日で初滑りに行ってきました。

今日は今シーズン16/17の初滑りに行ってきたよってお話、2日目です。

東京の友人と合流

東京に居てる時、毎週のように合流してした友人らが、

滑りに行くから、頑張れば北信辺りまでは行くよとの事。

昔、その友人と山に籠ってたゲレンデ、牧の入が今シーズンから再開との事。

※山に籠るってのはシーズンをゲレンデ周辺に家を借りたり、ペンション等でアルバイト(居候)しながら、スノーボード(スキー)する事。山籠りについては、また後日、記事にしたいと思います。

友人がせっかくならば牧の入に行かない?との事だったので、二つ返事O.K。

朝、妙高周辺は15-20センチほどの積雪があったのですが、

友人から

「木島平に着いたけど、雨、、、」

私たち一同

「雨はきついなぁ、、こっちは雪降ってるなら妙高周辺ちゃう?」

友人も妙高まで行くよと言うので、私達の宿泊先のホテル妙泉まで来てもらい合流となりました。

ゲレンデは関温泉に

東京の友人らも交えてゲレンデをどこへ行くのかを考えたところ、関温泉に決定。関温泉、スノーボーダーの間でもパウダーの聖地でして、私も久しぶりのゲレンデです。

が、思ったほど積雪はありません、、、

関温泉、パウダーに当たれば最高でして、私も過去に一度だけパウダーの関温泉を滑った事あるのですが、その時の気持ち良さは、、

言葉では表せないです。

関温泉はゲレンデ自体はリフト二本しかなく、そのうち一本はシングルというレイアウト。コース幅なんかもお世辞にも広いとは言えませんし、傾斜もあるので初心者や家族連れにはオススメできないのですが、上記の様にパウダーに当たると最高なゲレンデです。

パウダーではなかった関温泉ですが、友人仲間と大勢で滑るのは楽しかったです。

昼食をゲレンデ中腹のレストラン(小屋)で食べたのですが、私は食してませんが、オススメのタンシチュー@1300円は絶品と友人は絶賛してました。

あと、豚汁定食についてくるおにぎりがデカイ!!漫画みたいなサイズでした。ただサイズのわりに具が小梅しか入ってないのはマイナスポイントですね。(写真を撮ってなくて、視覚的に伝えられず、すいません、、)

ゲレ食として、関温泉のレストランタウベ(ggrました)

マツカタミシュラン的には3つ星です。

各自解散

先発部隊がこの日に大阪に帰るのと、

私達は明日に予定しているゲレンデ周辺の宿へ、

東京チームは長野県小布施にある穴観音の湯へ。

また、後日に訪れた際には紹介したいんですが、穴観音の湯は最高です。スノーボーダーにオススメしたいマツカタミシュラン3星の温泉施設の一つですね。

ゲレンデの駐車場で少し談義した後に各自解散となりました。

柵口温泉権現荘

本日のお宿は柵口温泉権現荘です。

柵口と書いて、‘ませぐち’と読むそうです。

私、年末は忙しくて宿の手配等を友人に任せっきりだったんですが、その友人も結局ギリギリになってしまいまして、空いてる宿がここしかなかったんですが、良い意味で期待を裏切ってくれました。

正月料金も含め、一泊@12000円ほどでしたが、

施設は綺麗ですし、料理もめちゃくちゃ美味しかったです。

すいません、メニューだけで、、

生ビールの大@1100円を頼みましたが、昨日とは打って変わり、きちんと1リットル位は入っていたのも評価大です。(どんだけ、根に持ってるのかって?笑)

私達は頼んでませんが、あんこう鍋がオススメみたいで、そちらは再訪の機会あれば食べたいと思います。

初日の宿(ホテル妙泉)とのギャップがありすぎて、、

権現荘では夢の様な時間を過ごさせて頂きました。権現荘を宿泊したマツカタ含めて現場の意見は、最高!再訪決定!!となりました(笑)

権現荘、スノーボード宿として、これまたマツカタミシュラン的には3星です。

3つ星連発で基準が甘いと言われそうですが、基本辛口のマツカタです。そのうちマツカタミシュラン的な記事も作成して行こうかな?(笑)

そんなこんなで2日目の夜は更けていきました。

3日目に続く

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!