【ナウバインディング】NOW BINDING SELECT PRO【ハイカップ】

パウダーボードを購入し、バインディングとしてチョイスしたのは、NOW BINDING(ナウバインディング)!

初めて使うメーカーなんですが、非常に凝った造りとなっています。

Skate techスケートテック


真ん中のピンの部分を中心にシーソーのような原理でテコの作用が発生させてます。


バイディング隅四か所にはブッシングがあり、好みの硬さのセッティングに調整する事が可能です。

skate techについての詳しくはNOW BINDING webサイトをご覧ください。

ストラップ


モデルによって異なるんですが、私が購入したSELECT PROではヒールストラップにはEVA素材が使われています。布等の素材ではないので縫製がないので耐久性が高そうですし、しっかりとした装着感です。


トゥストラップはそこまで目新しい構造はなくオーソドックスな感じとなっています。
ラチェットの締め上げ感はトゥ、ヒール共にしっかりとした絞め心地でガッチリとホールドします。


17-18SALOMON HI-FIとの相性の問題なのか?トゥストラップのホールドがイマイチで、簡単に外れてしまいます、、
この辺りのフィット感はブーツとの相性しだいですね。

ハイカップ(ローバック)


NOW BINDINGの一番の特徴である、ハイカップ。


ハイバックをハイカップと取り換える事でローバックとなります。

NOW BINDINGのすべてのモデルにハイカップは取り付け可能だそうです。
ハイカップは別売もしくは、付属モデルを選ぶ事で装着可能です。

一度もハイバックを取り付けた状態で乗った事がないので、ハイバック状態の評価は出来ませんが、ハイカップ(ローバック)での使用感ですが、ヒールカップの位置が他のメーカーに比べると高い位置にあるのがNOW BINDINGの特徴で、ハイバックがなくても全く問題なくヒールサイドを踏み込んでいけます。個人的にはハイカップの部品を付けなくても問題なんとちゃう?と思います。

値段がね、、高いよ!


NOW BINDINGのハイカップ仕様を試したくてNOWを指名買いしたのですが、ハイカップ付属のモデルSELECT PROの定価48,000円(税別)。
あんまり取り扱いしているお店も少なくて、ネットで10%オフで買いましたが、それでも、、高いです。

ハイカップは別売でも買えますが、税別7,500円となっており、これまた高価です。

細かい調整なんかは出来ない

メーカーによってはバイディングはものすごく細かい調整が出来ますが、NOWには細かい調整機能がついてないです。

例えば、ハイバックのローテーション、ガスペダルの調整、なんかの機能はないです。

その辺りは調整しなくても、Skate techなんかの技術でカバーしているのかも?しれませんね。

パウダーボードにNOW BINDINGを取り付けているのでなかなかNOWの特徴を使え切れてないのでしょうね、私には今のところSkate techの恩恵なんかは感じる事なく使っている感じです。
もしかしたら?Skate techは私たちに違和感を感じさせない様に仕事しているのかも?しれませんけどね。

NOW BINDING モノは良いと思いますが、値段を考えると、、って感じが正直な感想ですね。
ローバックのバインディングの選択肢が少ない中での選択でNOWが候補に入らざる得ないって感じかな?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!