【スプーン・塩】ゆで卵をツルっと家庭にあるもので簡単に剥く方法【No薄皮ストレス】

大阪ではゆで卵の事をニヌキって言うどうでもエエ情報なんですが、そんな茹で卵の殻って薄皮が邪魔してめっちゃ(なまら)剥きにくくないですか?奥さん!

今日はそんな薄皮が邪魔してめっちゃ(なまら)剥きにくいゆで卵の殻を家庭にある物で簡単に剥ける方法を紹介したいと思います。

北海道弁でめっちゃって事をなまらって言うのですが、なまらは一番メジャーですよね

簡単にツルっとゆで卵の殻を剥くために用意するのは、スプーンと塩だけ


簡単にツルっとゆで卵の殻を剥くために用意するのはスプーンと塩だけです。

スプーンで玉子の丸い方(お尻)をやさしく中身が漏れなく殻にひびが入る程度の力で叩きます。

すると、玉子の殻にひびが入りました。

沸騰したお湯にを入れ、スプーンでひびを入れた玉子を投入。

写真では分かりづらいかもしれませんが、ひびから気泡が出ます。
気泡は二酸化炭素らしいんですが、沸騰したお湯に塩と入れたのは、そんなひびから漏れ出す中身を漏れ出さず固める為です。

茹で上がりの玉子はひびが拡大していますが、中身は漏れてません。

茹で上がりの玉子を冷水で冷やした後に剥いてみたところ、ご覧のとおり簡単にツルっと剥く事が出来ました。

今回は4個の卵を茹でたのですがが、剥いた後の殻を見て頂ければ簡単にツルっとゆで玉子を剥けた事を理解して頂けると思います。

ツルっと簡単に殻が剥けたゆで卵は煮卵にしました。

100均で卵に穴を空けて、今回と同様に簡単にゆで卵の殻を簡単に剥く商品ありますが、家庭にあるスプーンと塩で簡単にゆで卵の殻を薄皮ストレスなく剥く事が可能です。

茹で卵の殻を剥く時にアノ薄皮と格闘しながら、ガッツリと白身が取れてorzとなった方は是非、今回の方法を試して頂き、ゆで卵の殻を剥くストレスから解放されれば幸いです。

【ガスグリル(魚焼き)でゆで卵】少量の茹で卵を作るなら【ティッシュ・水・アルミホイル】

2017年7月29日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1975年生まれのスノーボード大好きおじさん スノーボード歴25年以上、釣り、ゴルフ、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダ(境界性パーソナリティー障害)嫁のゲス不倫が原因での一方的離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!