【ZC33Sタイヤ交換】ミシュラン パイロットスポーツ4【195/45R17】

我が愛車ZC33Sスイフトスポーツ@キモオタイエロー号のタイヤがスリップサインが出ていまして要交換なんです。
緊急事態宣言空けにタイヤ交換を考えてましたが、緊急事態宣言の延長、スリップサインの出たタイヤで雨の日を走るのは危険なので、タイヤをネットでも実店舗でも値段が同じタイヤのフジにてネット注文。実店舗に発送してもらいニセコから一番最寄りになるフジファイブデイズ札幌西店に伺いタイヤ交換してきました。

【ZC33S】タイヤがスリップサインで要タイヤ交換【純正15000km】

2020年9月8日

ZC33Sスイフトスポーツにミシュラン パイロットスポーツ4 195/45R17


フジファイブデイズ札幌西店に到着し、ネットで注文旨を伝えると、すぐにタイヤ交換作業。40分位の作業時間との事でしたが、30分もかかっていない位でタイヤ交換が終了。

今回交換したタイヤはミシュラン パイロットスポーツ4のZC33S純正タイヤと同サイズ195/45R17です。
値段はタイヤのフジのネット注文で1本17,400円(税込)
4本69,600円に作業工賃8,800円(4本)、タイヤ処分料1,320円(4本)の計79,720円(税込)

アジアンタイヤなら1本5,000円であるんですが、ZC33Sスイフトスポーツの純正タイヤはコンチネンタル スポーツコンタクト5。
スポーツコンタクト5も高性能タイヤでこの性能と比べたらいけませんが、アジアンタイヤに同等の性能安全性を求めるのが難しいのかな?

なので、純正装着スポーツコンタクト5 195/45R17でも良かったのですが、純正スポーツコンタクト5 195/45R17が一番値段が高いんですよ!以前にタイヤのスリップサインを記事にした際に次はミシュラン パイロットスポーツ4を履くと伝えたので有言実行です。

Made in ITALY


ミシュランはフランスのタイヤメーカーなんですが、パイロットスポーツ4はなんと!イタリア製です。

MATSUKATA
ボンジュール(Bonjour)ではなく、
ボンジョルノ(Buon giorno)

ウェット性能は抜群!突き上げ感もマイルド!


ミシュラン パイロットスポーツ4で雨の路面を約100km走ってみた感想ですが、水はけが物凄くよくウエット性能は抜群にイイ!
路面凹凸は純正スポーツコンタクト5でゴツゴツと突き上げていた感じだったんですが、そんな突き上げ感はパイロットスポーツ4では皆無。タイヤがきちんと衝撃を吸収しています。
個人的にはパイロットスポーツ4の感じの方が心地イイです。

ドライ路面ワインディング峠を走行した感想


タイヤ交換した翌日は昨日と打って変わっての快晴なので、ドライ路面のテストでニセコパノラマラインを走行してきました。

ミシュラン パイロットスポーツ4でドライ路面ワインディング峠を走行してみた第一の感想ですが、言葉ではなく笑みがこぼれてしまいました(笑)

純正のコンチネンタル スポーツコンタクト5との比較になってしまいますが、ウエット走行時にも伝えましたが、路面凹凸からの突き上げ感がめちゃくちゃマイルドで乗り心地が比べ物にならない位のレベルで向上しました。

グリップ性能も良く、コーナーも安心して曲がってくれます。

ミシュラン パイロットスポーツ4 めちゃくちゃエエタイヤじゃないですか!奥さん!

ZC33Sスイフトスポーツ乗りの方でタイヤ交換を考えている方、パイロットスポーツ4 本気(マジ)お勧めです!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

厄年も終え45歳になりました。 スノーボード歴20年以上、釣り、ゴルフ、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダ(境界性パーソナリティー障害)嫁のゲス不倫が原因での一方的離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!