【漁業で沖で採れる】真ソイがめっちゃ美味【礼文島漁業陸作業】

今日も漁業の手伝いで沖に出ました。

陸で刺し網から魚を外す作業中に、奥さんが、

奥さん
マツカタ君、ソイ刺身で食え!

とソイを頂きました。

奥さん
マツカタ君、元嫁の家が飲食店だから刺身に出来るでしょう?

と言われましたが、正直、元嫁の飲食店で調理の手伝いはしていないのですけど、、







ソイをさばきます


頂いたソイのサイズをわかりやすいようにビールの缶と並べてみました。

先日、目の前の築港(漁港)でそれなりのサイズのナガラ(クロソイ)を釣った時にさばいた経験はありますけど、

【香深井港】釣り天国礼文島で釣り【夜釣り・爆釣・クロソイ(ナガラゾイ)】

2017年6月5日
そない魚をさばく事は上手ではないので、google先生を見て、なんとなくインプット。

早速さばいていきます。

まず、ウロコを取る必要があるのですが、寮にはウロコ取り器具なんてありませんので、ペットボトルの蓋の裏技でウロコを取りました。

ぺットボトルの蓋でウロコを取る方法はもうメジャーだと思うのであえて詳細は書きません

ほんまは綺麗に三枚おろし出来た写真を掲載したいのですが、これが私の実力です。
でもまぁ、なんとか刺身で出来そうにはさばく事が出来ました。
アラはアラ汁で使おうと思うので取っておきました。

ソイの刺身のお味は?

今まで、なかなか馴染みのない魚、ソイなんですが、はたしてそのお味は?

さばき方は下手くそなんですが、見た目は美味そうです。

大根があったので、調子に乗ってツマも用意しました。
刺身より、ツマの方が上手に切れてるなんて言わないでくださいね(笑)


では、実食。

MATSUKATA
うん?これって、てっさやん!(トラフグの薄造り)
ほんと、そんな食感で、全然臭みもなく、歯ごたえ抜群です。


あまりにも、てっさ(トラフグ)ちっくなので、ワサビ醤油ではなく、ほとんどポン酢で頂きました。

ソイって、めっちゃ美味いやん!
正直、これほど美味い魚だと思いませんでした。

ほんと、白身の中ではかなり美味な部類に入ります。
個人的見解ですが、今まで食べた鯛、ヒラメより美味しいと思いました。

この辺の感覚は、鮮度によるのかも知れません

アラ汁も美味いです


アラも捨てずにアラ汁にしました。


そこまで強烈なダシが出る訳ではないですが、しっかりとアラからダシがでました。

ちょっとパンチ不足でダシの素は足しました。

刺身と違い熱を通す事で、身がホロホロと取れる感じで、食感的にはタラに近い感じです。
刺身以外にも鍋の具としても使えそうですね。

ソイは鯛代わり?

鯛が取れない北海道なんかでは、ソイが鯛代わりに使われるとの事ですが、鯛の代わりと言うには失礼なんじゃないのかな?と思われるほどの美味の魚ですね。

築港でめっちゃ釣れるナガラ(クロソイ)ですが、さすがに今回頂いたサイズは築港では釣れないです。

沖で採れるソイがめちゃくちゃ美味い事はわかりました。

沖の魚を食うと、もう築港(漁港)で釣れた魚を食べようとは思いませんね(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!