ホッケのチャンチャン焼き【炭火で焼くと最高!】

数日前に親方宅の庭先でBBQをして、ホッケのチャンチャン焼きを頂いたのですが、
余ったホッケ、味噌ダレを頂いたので、寮でホッケのチャンチャン焼きを焼きました。







ホッケのチャンチャン焼き

寮のガスグリルに魚焼きグリルがあるんですが、チャンチャン焼きは下方向(皮側)から火を送る方が良いので、あえてフライパンで調理します。


中火~弱火位の火力でジワジワとホッケに火をかけると、ホッケに熱が入り焼けてきますので、


身をほぐして、チャンチャン焼き味噌を投入。

チャンチャン焼きの味噌は、味噌に酒やみりんなんかとネギ(白ネギ)を刻んだものを混ぜ合わせてます。
この味噌は好みで作れば良いと思います。


混ぜ合わせ、火が通った身から食していきます。


尻尾の方から火が入っていきます。では、頂きます。

このホッケの調理方が一番ホッケが美味しく食べられと言う人がいてるほどです。

私も色々とホッケを美味しく食べらる方法を探求しているんですが、
今のところ、生ホッケに塩、味の素を振ってから一晩~二晩、冷蔵庫で寝かせた一夜干しちっくが一番美味しいかな?

ホッケはタンパクなので、割と濃い味付けが合うのかな?

煮つけにしてみましたが、個人的にあんまりでしたね。

フライ、唐揚げなんかも美味しく頂けると思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!