【ピチットシートで脱水】釣った天然ニジマスを食らう【フライwithタルタルソース】

昨日釣ったニジマスをフライにして食ってみたいと思います。

【尻別川】42cmニジマスを釣りました(2020.5.16)【Dコンパチモン】

2020年5月16日






ピチットシートで脱水


釣って捌いたニジマスはこんな感じなんですが、

ピチットシートで1日(24時間)脱水した感じです。
かなり身が引き締まってます。

少しわかりずらいかもしれませんが、ピチットシートに身から出たドリップでいやらしく濡れてます。

【脱水】ピチットシートで美味しく釣った魚を食べる【浸透圧】

2020年4月20日

ピチットシートで脱水したニジマスをフライにしました


フライの調理方いらないと思いますが、

  1. 身に薄力粉(小麦粉)をまぶす
  2. 卵液に薄力粉をまぶした身をつける
  3. 卵液につけて身にパン粉を付ける
  4. パン粉がついた身を180℃の油で揚げる

だいたいこんな感じです。


で、タルタルソールで頂きますが、今回のタルタルソールは少し緩かったんですが、

タルタルソースレシピ
  • マヨネーズ
  • 茹で卵
  • 新たまねぎ
  • 砂糖
  • あらびきコショウ

新玉ねぎをみじん切りにして甘酢に漬けた所に他の材料を入れた感じで作りました。


では、頂きます。
名人MATSUKATA
うわぁ、何これ?
あかん!うまい!!
ピチットシートで身の水分を抜く事で身も引き締まるんですが、臭みもなくなってますね!
青空満点ニシムラ
マツカタBlogは乾杯をもっとおいしく!サッポロビールがスポンサーならエエのにな?とマツカタさんが妄想しながら書いてます
外来種なので天然って言い方もおかしいですが、ネイティブのニジマスを釣った際にに食らう場合はピチットシートで身の水分を除去してから食べる事を熱烈にお勧めします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え44歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!