【洞爺湖畔】仲洞爺キャンプ場【場内に温泉・キャンプゴミ処理可】

今、北海道ニセコ町で仕事をしているのですが、寮が2人部屋6畳ほどのスペースで愛が芽生えそうな環境なんですが、そんなまだ愛が芽生えていない寮の相方、宮崎出身18歳と偶然にも休みが一緒でしかも連休。

宮崎出身18歳がニセコに来てずっと行きたがっているのに、まだ行けていない洞爺湖へキャンプに行く事になりました。

宮崎出身18歳はテントすら持っておらず、キャンプ行く為にamazonにてテントと寝袋を調達していました。

テントはまだそれなりの収納サイズだったんですが、

MATSUKATA
寝袋(シュラフ)買うならナンガがお勧めやで!
値段最優先で購入した寝袋(シュラフ)の収納サイズはかなり大きかったですね、、

【キャンプでも最高な寝床】ナンガシュラフ・イスカマットレス&ピロー【ナンガは国産・永久保証】

2017年4月23日

そんな宮崎出身18歳はバイク乗りでして、バイクにキャンプ道具を積載するシュミレーションをしたいとの事で、バイクと車で別々に乗り洞爺湖に向かいました。







仲洞爺キャンプ場周辺にはスーパーはないので買い物は事前に

今回、キャンプするのは仲洞爺湖キャンプ場って所に決めたのですが、周辺にスーパー等がないとの事で、豊浦って町にあるウロコ虻田店ってスーパーに立ち寄り食材や酒等を事前に購入しました。

仲洞爺キャンプ場でもビール等の酒類やカップラーメン、お菓子なんかは購入する事が可能ですが、食材等は事前に購入しておいた方が良いと思います。

ちなみに最寄りのセイコーマート(道民おなじみコンビニ)までは車で10~15分くらいかな?

場内に日帰り温泉 来夢人(きむんど)の家


仲洞爺キャンプ場の場内には日帰り温泉施設の来夢人(きむんど)の家があります。

入浴料は大人420円となっています。

浴場はこじんまりとした感じですが、源泉かけ流しです。
施設には休憩所もあり、キャンプ場受付と同じような感じで商品が販売されています。

キャンプ場受付閉店後は来夢人(きむんど)の家がキャンプ受付となります

仲洞爺キャンプ場で受付を済ませ、テントやタープなんかを設営中に大雨にあい、雨で冷えた体を来夢人(きむんど)の家の温泉で温め少し休憩所で雨が収まるまで雨宿りしました。

仲洞爺湖キャンプ場


仲洞爺キャンプ場は大人1泊450円でした。


キャンプ場はまさに洞爺湖畔です。


あいにくの天気なのか非常に空いていたので、湖畔の一等地にテントを張る事ができました。

道具の持ち運びにはリアカーを借りる事が出来ます。

車、バイク乗り入れ可能なサイトもあります。

いや~大雨で一時はどうなるかと思いましたが、なんとか雨も落ち着きBBQを楽しむ事ができました。

北海道では定番の松尾ジンギスカンの特上ラムの(もも)
味付けもあっさりで非常に肉も柔らかくて美味しかったです。


室蘭産真ホッケ開き。
1匹のホッケ開きはB6君ではサイズ的に焼けないので、頭を落として半身を焼いています。


伊達産とうもろこし醤油焼き。
まずは皮つきのままトウモロコシを蒸し焼きにして、皮を剥き醤油を垂らしながら焼きました。間違いないですね(笑)

せっかくなので北海道の産地のものを中心にBBQを楽しみました。もちろんビールは北海道限定サッポロクラッシックですよ!

是非、試してください!世界一美味しい椎茸の焼き方

この椎茸の焼き方を覚えてからはBBQに椎茸は欠かせなくなりました。

椎茸の傘を下にして塩を振りかけて焼きます。
このまま放置して、

椎茸の傘に汗がかいたら、食べごろです。軸を持って傘の部位を頂きます。

この焼き方で焼く椎茸は身が非常にジューシーで椎茸の旨味のジュースで溢れています。

とある人に教わった焼き方なんですが、その方が「世界一美味い椎茸の焼き方や~」と仰っていたので、私も同じ呼び方で呼んでいます。

私の周りでこの焼き方の椎茸を食べると、皆大絶賛して、椎茸のお代わりを求める程です(笑)

是非、お試しアレ!

仲洞爺キャンプ場はゴミをすべて捨てて帰れる

キャンプ場ってゴミは持ち帰りって所も少なくないのですが、仲洞爺キャンプ場はなんと!すべて(ほぼすべて)のゴミを捨てて帰れます。


当たり前なんですが、分別は必要です。ちなみに分別は下記です。

  • 燃えるゴミ
  • 空き缶
  • ペットボトル
  • ビン類
  • 段ボール
  • 金属類
  • ガスボンベ類
  • 電池
  • 灰類

ここまで細かく分別されていれば、キャンプに来て捨てられないゴミは無いって感じですよね。

とくにバイク乗りなんかはキャンプ場を利用する事が多いと思うのですが、ゴミを捨てて帰れるのは非常に嬉しいですね。

結構激しく雨が降ったので、テントやタープなんかが濡れてしまい、朝起きて干しながら撤収作業が完了、相方の宮崎出身18歳のテントを覗きに行くと、気持ちよさそうに寝ています(朝9時)

幸い、バイク、車と別々に来ていたので、起こさず

MATSUKATA
気持ち良さそうに寝てるから、起こさずに先に出発するね。
とて連絡をいれ、私は仲洞爺キャンプ場を先に後にしました。

と言うのも、洞爺湖から登別温泉まで比較的近い距離で、せっかくならばと登別温泉に入りたかった理由です。
過去にも登別温泉に行った事があるのですが、泉質がもの凄いです。

その時のイメージが忘れられず、登別温泉に再訪したかったのです。

カーナビを登別温泉にセットし、相方とは一時の別れ(笑)登別温泉に向かいました。

【格安入浴料420円】登別温泉さぎり湯【湯上りに味の大王ラーメン】

2018年9月1日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!