【高級リール】21ツインパワーSW8000HG買っちゃいました【シマノ】

釣れなかったのでブログには書いてませんが、昨年オフショアジギング(船)に行った時にレンタルロッド&リールを借りたのですが、乗った遊漁船、早い者勝ちでレンタルロッドを取るシステムを知らず残されたロッド&リールはと言うと、、めっちゃ昔のダイワのソルティガ(高級リール)でしたが、昔のヤツ過ぎて重いし、メンテナンスされていないんでしょうか?巻き心地もイマイチ。

次にオフショアジギングに行くのならばマイ道具で行きたいと構想する事1年。

やっちゃいました、
シマノの高級リール、ツインパワーTWIN POWER SW8000HG買っちゃいました(笑)

最高峰にステラってリールがありツインパワーはシマノで2番目にエエリールです。

ツインパワーSW8000HGを買って正解

ツインパワーが自分に本当に必要なのか?めっちゃ悩みました。
実際、オフショアジギングに行くのも数回でしょうし、ツインパワーより下位のストラディックSWで良いのではないか?

リール1回転で巻ける量は少ないけど巻く力が強いPG(パワーギア)にするか?めっちゃ悩みました。
PGを買っちゃうとオフショアジギングオンリー仕様になってしまう為、ショアジギング(岸)でも使えるのでHG(ハイギア)を選択。


リールのハンドルは大きくてもちろんベアリング内臓なので、クルクルって周り続けます。
巻き心地は言うまでもなく最高でシルキーです。

賛否両論のモンスターの爪で引っかかれた感じのスプールのデザインも私は気に入っています。


ツインパワーSWの唯一残念と言われるドラグ調整つまみが小さくて使いづらいと言われてますが、私は全く気になりません。
なぜならWhy?私が初めて所有するツインパワーなので比較対象がないからです。


流石の高級リールと言うこともありMade In JAPAN日本製です。

ツインパワーSW8000HGをシマノの4000番のリールと比較


私が愛用しているシマノ14エクスセンスEXSENCE BB 4000HGMと21ツインパワーSW8000HGとの比較。
やっぱ8000番クラスのリールとなると大きさもデカい!もうめっちゃ大物を釣る為のリールです。

ちなみに14EXSENCE BB 4000HGMにPE1.5号を巻きアキアジ(鮭)を釣っています。

高速リサイクラー2.0とボビンワインダーライトを使いツインパワーにラインシステムを構築します


ラインはシマノのタナトルPE3号、ショックリーダーはメジャークラフトのフロロカーボン60lbを用意しました。
まだスプールにライン、ラインとショックリーダーを結束出来てませんが、私には強い味方の第一精工の高速リサイクラー2.0とシマノボビンワインダーライトがあるので、それらを使いラインシステムを構築します。

【PRノット】シマノボビンワインダー【ライトタイプPE0.3-3号】

2020年8月30日

【リールのライン巻き】第一精工 高速リサイクラー2.0【簡単楽々便利!】

2020年6月25日

もちろん、ツインパワーSW8000HGだけじゃなくロッドも買っちゃったんですが、ロッドも後日にお伝えできればなと思います。

なんかリールの特徴や性能なんかを説明できず、ただツインパワー買っちゃいました的な幼稚な記事になってしまった事をお許しください(笑)



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

厄年も終え45歳になりました。 スノーボード歴20年以上、釣り、ゴルフ、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダ(境界性パーソナリティー障害)嫁のゲス不倫が原因での一方的離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!