【ハイオク仕様】ZC33Sスイフトスポーツにレギュラーを入れてみたら【ガソリン】

先月に札幌に出張に行った際にマイカー(ZC33Sスイフトスポーツ)で行ったので会社から交通費としてガソリンチケットを渡されたのですが、そのガソリンチケットの内容がレギュラーガソリン25L。

パチえもん
マツカタのキモオタイエロー号はハイオク仕様だもんね

ZC33Sスイフトスポーツ(ハイオク仕様)にレギュラーガソリンを入れてみたら

手続きをしたらハイオクのチケットに交換してくれるとの事なんですが、最近忙しすぎて時間なく、ワンチャン量が減ってもイイのでハイオクを入れてもらえるんとちゃうん?

と、ガソリンスタンドでその旨を伝えると

スタンド店員
記載の油種(レギュラー)しか入れられません


と言う事でZC33Sスイフトスポーツはハイオク仕様なんですが、泣く泣くレギュラーを入れるハメになってしまいました。
ガソリン(ハイオク)の残りが燃料系1/4くらいの所にレギュラー25Lを入れたら燃料計は満タンを示していました。


で、ハイオク仕様のZC33Sスイフトスポーツにレギュラーを入れて60kmほど走った感想ですが、あまり違いがない⁈

あえて言うならば、低回転時のトルクが落ちたのかな?ただエンジンはレブリミット5,800回転付近まできっちり回るのを確認しました。
燃費はハイオク時に15km台だったのが、瞬間燃費計で16km台になったので向上した?
この辺りは最近涼しくなってきたので、エアコンの関係なのかな?


結論としてZC33Sスイフトスポーツ(ハイオク仕様)にレギュラーガソリンを入れてみたら、そんなに変化なく普通に走れたでした。

こらはスイフトスポーツの燃料センサーがレギュラーだと感知してレギュラーガソリンで走れる燃調にコンピューターが調整しているのだと思われるので、さすがに次回の給油時にはハイオクを入れます。

最近の車は優秀ですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1975年生まれのスノーボード大好きおじさん スノーボード歴25年以上、釣り、ゴルフ、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダ(境界性パーソナリティー障害)嫁のゲス不倫が原因での一方的離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!