【元エアコン工事屋】続 エアコンをDIYで取り付ける事は可能ですが、、

【元エアコン工事屋】エアコンをDIYで取り付ける事は可能ですが、、

2020年8月13日
たぶん、前記事でエアコンをDIYで取り付けようかと思うのを諦めた方が多いと思いますが、エアコン取付の工程の続きを書きますね。







エアコン取付工程 続き

前記事で室内機に電線を繋ぎ、配管、ホースをまとめて化粧テープ(コーテープ)を巻いたところまで説明しましたので、その続きの工程を書いていきますね。

配管を穴に通し、室内機を背板に引っ掛けて設置


配管穴に化粧テープでまとめた配管等を通し、背板に室内機を引っ掛けて設置します。
ホント引っ掛けるだけなんですが、配管を穴に通すのに少しコツがいるかな?
2人で作業すれば簡単だと思います。

外側に行き配管を接続

室内機を設置したら室内側の作業は終了なので、外側の作業になります。

室内機側の配管に付いているフレアナットと呼ばれる配管接続用のナットを取外し、接続する配管にフレアナットを入れて配管をフレアツールを使い、ラッパみたいな形に加工します。
このラッパ部分に開いた所がガスケット?パッキン?となり配管からのガス漏れを防ぎます。

エアコン設置工事で一番重要な作業と言っても過言ではないフレア加工となります。
この作業は長年の経験で培われる技術なので、素人は手を出さない方が良いのかと思います。

ちなみに配管は液体、気体と2つの配管となり、家庭用エアコンではほぼ2分3分と呼ばれる配管を使用します。

フレア加工した配管を室内機側から来ている配管に接続します。
接続はモンキーレンチ2つあれば可能なんですが、専用のフレア用のトルクレンチがあれば確実です。
フレアナットの締め付けはトルクをかけすぎるとフレア部分がもげてしまいガス漏れの原因となります。

フレア加工がエアコン設置工事で一番重要な作業と言いましたが、このフレアナットの締め付け感も長年の経験で培われる技術なので、素人は手を出さない方が良いのかと思いますが、先に申し上げたフレアナット用のトルクレンチがあれば長年の経験は必要なく確実に適正トルクで配管を接続する事が可能です。

室内機側の配管にフレア加工した配管を接続したら、ドレンホースも繋ぎ、電線とビニールテープでまとめ、化粧テープを巻きます。

今回は説明を割愛しますが、配管カバーをする場合は化粧テープを巻かずにカバー内に配管等を収めます。

化粧テープを巻いた配管をサドルって呼ばれる配管固定用のベルトで壁に固定します。

配管を通した外壁側の穴をパテで埋めます。

室外機に配管、電線を接続し配管を真空引き


室外機にプラブロックとよばれるプラスティックのブロックでかさ上げします。

屋根や壁、団地等の天井に室外機を置く場合は専用の台を使用します。

室外機に繋げる長さに配管をパイプカッターと呼ばれる配管を切る工具を使い切ります。
室内機側と同様に室外機に付いているフレアナットを外し配管にいれてフレア加工します。
室外機の接続も室内機側と同じ感じです。

電線を室外機に接続、ドレンホースを地面から少し上の部分でカットします。

で、室内機、室外機と設置は終わりと言いたいのですが、配管内に水分があると配管内で氷って冷媒ガスの循環に不具合を起こすので、配管を真空ポンプを使い真空引きします。

余談なんですが、私がエアコン取付を始めた頃はあらかじめ室外機に冷媒ガスが多めに入っていて、ガスを外気に放出して配管の空気を抜くエアパージって方法が主流でしたが、冷媒が変わりエアパージでは新冷媒の比重が変わるのでエアパージではなく真空引きでの作業に変わりました。

あまり大きな声では言えませんが、底辺エアコン工事屋では未だにエアパージで作業している業者もいます。

真空引きしたら、配管のバルブを六角を使い開き、配管内にガスを循環させます。
その際に出来れば配管接続のフレア部分にガス漏れがないか石鹸水なんかを霧吹きで吹きかけて確認すると良いです。

こんな感じの流れでエアコン標準工事と呼ばれる設置工程となります。

前記事でも言いましたが、もうDIYでエアコンを取り付ける事諦めたでしょう?(笑)
ですが、エアコン設置自体は特に資格は必要ないのでDIYでの取り付けは可能です。

コンセント交換、電線の固定等をする場合は第二種電気工事士の資格が必要となります。

配管セットを使えばフレア加工は不要

エアコン取付用にフレア加工されている配管セットもあります。
エアコン取付に必要な部材がセットになっています。

配管セットを使えばフレア加工は不要なんですが、締め付けトルクや真空引作業があるので、やはりDIYでのエアコン設置はハードルが高いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え44歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!