子供と一緒にスノーボードに行こう!【親は最初の我慢が必要】

朝、近所の小学生が、

「行ってきま〜す」

その言葉で息子の事を思い出し、切なくなるマツカタです。

シーズン中は毎週、息子とスノーボードへ出かけてたマツカタでした。

子供と一緒にスノーボードへ行くのには、どうしたら良いのか?

今日は子供と一緒にスノーボードへ行こう!をテーマで記事を書きたいと思います。

防寒はしっかりとしたものを

当たり前なんですが、スキー場は寒いです。雪なんか降ってる日は特に、、

最初に寒いとか、嫌な思いをインプットしてしまうと、もう行かない!行きたくない!となってしまいます。

なので、ウェアーとかの防寒はしっかりしたメーカー品を買ってあげた方が良いです。

子供用のスノーボード用品買うのに迷った時は、

バートン買っとけば、間違いないです。

子供って基本、雪と戯れます。その際、雪に触れるので、グローブが、ぐちゃぐちゃに濡れてる事が多いんです。

グローブは替えがあるのがベストなのと、ちゃんとしたメーカー品を買うのをお勧めします。

実際、マツカタも値段で選んだ結果、付けにくい、すぐ濡れる、すぐ脱げるわで、新しいのを買う羽目になりました。

個人的には5本指タイプより、親指と他の4本指と分かれているミトンタイプが子供には、はめやすいと思います。

【関東発】子供が楽しめるオススメなスキー場

子供が楽しめるスキー場を選ぶ事も大事です。

スノーボードをさせたい気持ちもわかるんですが、子供、最初はスノーボードより、キッズパーク的なところで、ソリなんかで遊ぶ方が楽しいんです。

なので、まずはスキー場って楽しい場所なんだ!また行きたい!と思わせる事から始めるのが、子供とスノーボードへ行ける様になる一番の近道だと思います。

マツカタ、都内発で息子とスノーボードへ出かけていたので、関東圏のゲレンデしか紹介できないんですが、

マツカタ的に日帰りで、スノーボードを始めさせたい子供を連れて行くなら、ここがお勧めってゲレンデを紹介します。

ハンターマウンテン塩原

ハンターマウンテンは、まず都内から近い!マツカタが今回お勧めするゲレンデでは一番近いです。

キッズパークやソリ用の斜面がありますので、スノーボードしなくても1日中遊べちゃいます。

キッズパーク内に休憩小屋もあり、暖房も効いてますし、トイレも中にあるので、雪遊びに飽きたら休憩できるも良いです。

託児所もありますので、子供を預けて、大人だけで滑る事もできちゃいます。

マツカタの息子、大のモスバーガー好き!。キッズパーク隣がモスバーガーなのもポイントが高いです。

通常の価格よりは高い値段設定(スキー場価格)となってますが、、

また、マリオンクレープもあります。大のクレープ好きの息子、帰りはマリオンクレープを食べるのがルーティーンとなってましたね。

学校の宿題の絵日記にハンターマウンテンのキャラクター、ハンタマ君を描くほど、一番、息子と訪れたゲレンデです。

おかげさまで、息子、ゴンドラの山頂から一番下のベースまで滑れるようになりました。

ハンターマウンテン塩原

舞子スノーリゾート


関越道の塩沢石打I.Cから車ですぐなので、舞子リゾートもアクセスしやすいです。

ここはキッズ用のムービングベルトがついてるコースが独立しているので、最初にスノーボードを練習させるのにぴったりでした。

ソリコース、キッズパークもありますので、スノーボードしなくても遊べます。

子供に特化したプログラムのスノーボードレッスンもあるみたいなので、そちらに入れちゃうのもアリなのかも?

こちらも託児所や、室内の部屋なんかもあり、子連れならオススメのスキー場です。

舞子スノーリゾート

たんばらスキーパーク

キッズパークにムービングベルトがあり、しかも他のゲレンデよりも若干距離も長かった気がします。

ペダルレス自転車のストライダーにソリをつけた、スノーストライダーもソリコースで滑る事が出来るので、マツカタの息子は非常に楽しんでました。

スノーストライダーは子供達の間で大人気でした。

他にも遊具が充実しており、ほとんどスノーボードせずにキッズパークだけで遊んで帰ってきたほどでした。

下のコースが緩斜面なので、最初のスノーボードを練習させるのにも、ちょうど良い斜面です。(最後、止まっちゃいますけど、、)

たんばらスキーパーク

パルコールつま恋

ここ、日帰りで行くには、アクセスしづらいので紹介するのか迷いましたが、

今まで訪れたゲレンデの中で一番キッズパークが充実しており、

私がスノーボード持ってスキー場へ行き、初めて滑らずに帰ってきたゲレンデなので、強烈に覚えてます(笑)

キッズパークで遊ぶのに一人@800円なんですが、付き添いなら大人は払わなくても良いと言うナイスな設定です。

先に紹介したゲレンデのキッズパークは子供、大人共に料金が発生します。

キッズパークの充実っぷりは半端なく、息子が一日中、キッズパークで遊んでました。

めちゃくちゃ楽しかったみたいです。なので、私は一度も滑らなかったんですけど、、、

雪遊びから、スキー場が好きになり、スノーボードとつながって行くと思うので、

キッズパークで遊ばせるだけでも、行く価値はあると思います。

パルコールつま恋

そんなところが、子供にスノーボードを始めさせてみたいと思うけど、どこが良いか悩める方々に、

息子と毎週スノーボードに出かけてた、マツカタが自信を持って、オススメできるスキー場です。

無理強いはしない事

まずは、スキー場が楽しい場所、また行きたい!となってくれれば、子供とスノーボードできる日も近いと思いますので、

無理強いはせず、やりたくないと言えばやらせず、子供が帰りたいと言えば、帰る。

マツカタ、最短2時間の滞在でスキー場を後にした事があり、昼過ぎに自宅に戻ると、家族が驚いた!って事もありました。

そうしているうちに、スノーボードも少し滑るようになりますよ。

最初、ちょっと時間かかりますが、子供とスノーボードできる日を夢見て、気長に頑張ってください。

キッズパークにも置いてある所あるんですが、

雪玉を作る道具を買ってあげたら、めっちゃ子供が気に入り、スノーボードへ出かける際は必ず持ってき、合間に必ず遊んでました。

5歳からスノーボード

マツカタの息子がスノーボードデビューしたのは、保育園の年中の5歳の時でした。

最初はもちろん、リフトなんて乗れません。

マツカタ、板履いたままの息子を押して斜面を登り、滑らせるの繰り返しで、汗だくになってました(笑)

バートンの子供用の板の先には、引っ張ってあげれるリード?ロープ?を装着できるので、

バートンの板を買えば、マツカタみたいに汗だくにならずに、平坦なところ引っ張ってあげられますよ。

子供にスノーボードさせる際にはヘルメットはもちろんですが、ヒッププロテクターも用意してあげましょう。

ビーニーとか厚手の靴下も用意してあげてくださいね。

マツカタの息子はヘルメットはするんですが、頑なにビーニーとゴーグルを拒み続けてました。

それなりに滑れるようになってから、ゴーグルは装着するようになりましたけど(笑)

また、子供とスノーボードをテーマに記事を書いて行きます。

【BURTON】子供に初めてのスノーボード道具【バートン買ってたら間違いなし】

2017年2月2日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!