【SALOMON対応】PLATEPIAプレートピア【チタンディスクプレート】

PLATEPIA(プレートピア)ってご存知でしょうか?
私も気にはなっていた商品なんですが、スノーボードのバインディングの角度などを調整するディスクプレートを交換する事で板のパフォーマンスが向上するって魔法の様な商品なんですが、私が愛用しているSALOMONのバインディングには対応しておらず諦めていたのですが、なんと21-22シーズンからSALOMON対応品が発売されました!

PLATEPIA2.0SALOMONお値段が少々します、
20,900円+送料760円=21,660円

が、金でスノーボードが上手くなるならと、悪い癖でポチっと!
私はブログを発信しているので、こうしてブログのネタにもなりましね(笑)

本日、PLATEPIA手元が届いたので早速取り付けてみました。

PLATEPIA 2.0 SALOMON


商品は非常にコンパクトなその名も宅急便コンパクトにて届られました。

ワクワクしながら箱を開けると、中には黒いカッコいいPLATEPIAの箱。

黒いカッコいい箱を開けると、PLATEPIA 2.0 SALOMONとステッカーや説明書などなどが入っています。

取付は#3+ドライバーだけあれば大丈夫です。

SALOMONバインディングのディスクプレートを取外し、PLATEPIAと入れ替えるだけです。

PLATEPIAのプレートはチタン製で非常に薄いので取り付けには付属のショートビスを使用します。
このビスは押す力7:回す力3くらいで上から押さないとなかなかホールに噛んでくれません。

取付は非常に簡単です。


PLEATEPIAと取り付けベースパッドを戻せばこのバインディングにPLATEPIAを装着しドーピングしている事は誰にも気づかれません(笑)

本当は今シーズンに予約しているニューボードに取り付けるバインディングに装着する予定なんですが、いきなりニューボードにPLATEPIAを試すとその板自体の性能を知る事が出来ないので、もう5シーズン程愛用しているボードのバインディングに装着してみてPLATEPIAの性能を試したいと思います。

MATSUKATA
では見せてもらおうか!PLATEPIAの性能とやらを!
まだゲレンデがオープンしていないので、PLATEPIAのレビューは後日に Coming soon..

PLATEPIAのメリットの一つが軽さ


SALOMONホログラムの純正ディスクプレートと取り付けビスの重さは91g。

PLATEPIAと取り付けビスの重さはなんと!55gですよ!奥さん!
純正ディスクプレートと比べ36g減です。たかが36g、両足で72gですが足元が軽くなるのは非常にメリットです。

PLATEPIAのここが残念かな?


ご覧の通り取り付け穴(ホール)が一つしかないのでセンターリングが出来ません。
幸い私はドセンターでバインディングをセットするので問題ありませんが、センターリングにて調整している方は要注意です。


PLATEPIAに角度の目盛り(3°)がないので角度調整がやりづらい、、
私は純正ディスクプレートをそっと外し、角度をキープしながらPLATEPIAと入れ替えました。
なのでPLATEPIAと取り付け時に角度を調整する場合は純正ディスクプレートで角度を調整してから入れ替えるのがベストかな?

と、金に物を言わせスノーボードの技術の向上を狙ってみました(笑)

PLATEPIAプレートピアのレビューはもうしばらくお待ちください。

PLATEPIAを購入するにはPLATEPIAさんのオンラインサイトに会員登録しオンラインショップから購入が可能です(2021.11.17現在)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

厄年も終え45歳になりました。 スノーボード歴20年以上、釣り、ゴルフ、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダ(境界性パーソナリティー障害)嫁のゲス不倫が原因での一方的離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!