【LEDランタン】ジェントスEX-1977IS【ソロキャンプに最適サイズ】

GWにキャンプに行く予定なんですが、キャンプと言うか野宿に近いノリなんですけど、、

イワタニのカセットガスランタンは持っているんですが、テント内なんかでは使えないので、LEDランタンを物色していた所、なんとなくアウトドア通販のナチュラムのサイトをのぞいてみたら、以前に購入したヘリノックスチェアーのポイントが1,380円もある事に気がついて、ポチッとな!

【ヘリノックス(Helinox)チェア】アウトドア界のロールスロイスな座りごごち

2017年3月28日

LEDライトと言えば、ジェントス。ジェントスEX-1977ISってモデルを購入。

支払いはポイントを使ったので、300円少々でした(笑)普通に購入しても2,000円しない程です。

使用電池は単3電池4本。エネループの使用も可能


EX-1977 ISの大きさは250mlの缶ジュース位です。付属にアルカリ電池が4本(panasonic製)。テスト用付属と書いてますが、見た所は普通に新品の電池です。


ランタン底の電池カバーを外せば電池を入れる事が出来ます。電池を入れて電池カバーを締めるのが少しやりづらいですね。

以前にジェントスEX-757MSってモデルを調子よく使っていたのですが、電池カバーを締める本体のネジが破損したので、同様に電池蓋部分が破損しないか心配ですが、その辺は改良されているんですかね?
同様の破損被害はamazonのレビュー見たら大勢の方が同様にEX-757MS電池蓋部分が破損してますね、、

EX-1977ISの説明書には充電式電池のエネループの使用も可能と記載されてます。







EX-1977IS点灯パターン

EX-1977ISの点灯パターンですが、点灯High、点灯Low、点滅と3パターンです。

スイッチを押すとHighですが、3秒以内にもう1度スイッチを押すとLowになり、更に3秒以内にスイッチを押せば点滅となります。


写真では分かりづらいかもしれませんが、HighとLowを比べて見ました。


カバーを外して使用する事も出来ます。

電池蓋裏にビルトインフックがあるので、テント内なんかでぶら下げて使う際に便利ですね。フックの爪が若干浅いかな?


EX-1977ISの説明書にハンガーフックの説明書きがありますが、どこをどう探しても見当たりません。
説明書に記載されているハンガーフックは付属していないので注意が必要です。


カバーを外さなくても吊り下げる為のハンドルもあります。

EX-1977IS仕様

使用光源 高輝度チップタイプ暖色LED x 1個
明るさ 約100ルーメーン(最大時)
使用電池 単3形アルカリ電池 x 4本(テスト用付属)
点灯時間
  • 実用点灯(Highモード) 約12時間
  • 実用点灯(Lowモード) 約36時間
  • SOSパターン点灯 約24時間
本体サイズ 約59φ x 高さ132mm
本体質量 約255g(電池含む)

まとめ

EX-1977ISのサイズ感はソロキャンパーにちょうどイイですね。
ジェントスの定番LEDランタンEX-777XPが小さくなった感じです。

ファミリーキャンプには、ジェントス定番のEX-777XPがオススメです。

EX-777XPを持っていたんですが、ファミリーキャンプ用品は元嫁の実家に置いてきてしまいました。

LEDライトは災害時等にも活躍すると思うので、一家に一台は持って置いた方が良いと思います。
実際に東日本大震災の際にジェントスEX-777XPは品薄になり、かなり値段も高騰してました。

備えあれば憂いなし

アウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!