ブラウン 9シリーズ 9050cc【7シリーズと比べ剃り味イマイチ】

ブログ書いてる人ならば誰でも陥る。

書くネタがない、、になってしまった、マツカタです。

今日は、あるブロガーの人の記事に書いてあった事を参考にしました。

ブログで稼ごうと思ったら簡単だよ。
身の回りにあるものをとにかく写真に撮りまくれ!
そのカメラに撮った商品を使い込め!それも徹底的にな!
あとは、お前の感じた感想をそのままブログに書き込むんだ!
その紹介した商品にAmazonのアフィリエイトを忘れるなよ。
これをひたすら続ければ、月に数万円は余裕。

電動シェーバーで髭を剃ってるマツカタなんですが、

髭の剃った後に、肌から血が出る箇所があり、チクチクします。

以前に同様の経験あるので、すぐに原因はわかりました。

電動シェーバーの刃?網の部分が破れて、内刃で肌を傷つけるんです。

マツカタ、長年ブラウンの電動シェーバーを愛用しており、

今回の外刃(網)が破れたのは、シリーズ7ってモデルです。

ブラウンによると、刃の交換サイクルは18ヶ月との事ですが、

マツカタ、もう数年は使ってます。

7シリーズの前もブラウンを使ってて、同様に刃の網に穴が空いたのを思い出しました。

交換の刃は売ってるんで買えるんですが、結構な値段するんですよね。

MATSUKATA
もう何年も使ってるし、替え刃の値段考えたら、新しいのを買おう!

ってなるんですよ。確か前回も同じ考えで買い換えました。

ブラウン愛用派のマツカタでしたが、amazonの電動シェーバーの売れ筋ランキング、パンソニックのラムダッシュが上位に並んでます。

ラムダッシュに浮気しかけましたが、

冒険して失敗したくなかったのと、ブラウンの剃り心地は気に入ってるので、今回もブラウンに決めました。

前回買い換えた時と同じ条件で機種を選びました。

  • ブラウン最上位モデル
  • ブラウン独自のアルコール洗浄機能
  • 乾燥機能はいらない

その条件を満たすのが、

9シリーズ 9050ccってモデルでした。

使ってみた感想/レビュー

剃り味

amazonのレビューでも私と同様な意見のレビューあったんですが、

ブラウン史上、最高の剃り味的な謳い文句だったのもありますし、自分で使わない事には、わかりませんからと購入した9シリーズでしたが、

MATSUKATA
う〜ん・・・前の(7シリーズ)方が剃れるよなぁ、、

個人的見解と言いたいんですけど、結構、私と同様に思われている人が多い事に気がつきました。

7シリーズより剃り味は悪いと感じました。

何だろう?7シリーズと比べると、ジョリジョリと剃っていく感が弱いんですよね、

7シリーズの深剃り感と同等には剃れるんですが、言い過ぎかもしれないですが、時間が倍くらいかかります。

肌に優しい

7シリーズと9シリーズの一番の違いは肌への当たり方ですね。

これは全然違いますね。9シリーズはとにかく肌への当たりが優しいです。

作動音

使用している時の音は、7シリーズに比べると静かになってるなと感じます。

アルコール洗浄時の音は相変わらずうるさいですが、、7シリーズの時よりは洗浄時間が短くなった気がします。

総評

ブラウン一筋のマツカタの評価ですが、9シリーズ、買って失敗したとは思いませんが、

歴代のブラウンの剃り心地や剃り味を期待する人には9シリーズは勧めないないですね。

肌への優しさを求めた分、ブラウン独自の剃り味が犠牲になってしまった、、それがマツカタが一番感じる事ですね。

逆に、これまでブラウンは剃り味が強くて、肌に合わなかった人や、電動シェーバーが苦手な方には9シリーズはよく出来た商品だと思います。

剃り味を求めるならば、パナソニックのラムダッシュか7シリーズにした方が良いのかもしれませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!