【簡単装着・防水】ホンダGROMにサイドバッグ取り付け【デグナーNB-92】

ホンダのGROMで北海道礼文島へ行く予定なのですが、GROMの弱点が積載力のなさです。

かっこ悪いんですが、箱(リアボックス)をつけてますが、リアボックスの容量も27ℓ程、もう少し荷物を積めるようにとサイドバッグを装着する事にしました。

装着したのはデグナーNB-92 容量12ℓ


今回、GROMのサイドバッグに選んだのはデグナーNB-92(容量12ℓ)です。

デグナーNB-92を選んだのは、以前に乗っていたカワサキW650にデグナーのサイドバッグを取り付けていたのと、防水製品の防水性の信頼度、GROM乗りでNB-92を装着実績があったからです。

デグナーNB-92の容量(12ℓ)

デグナーNB-92の容量は12ℓとの事ですが、どれ位の荷物が積めるか?

  • モンベル クロノスドーム2型テント
  • テントポール
  • ペグ
  • イスカ コンフィライトマットレス 180
  • イスカ ノンスリップピロー
  • ジェントス LEDランタン EX-1977IS


これだけ積めるとパンパンですね。口がうまく丸まらないので防水が少し不安なので、もう少し荷物を減らした方が良いですね。







NB-92の防水性

NB-92は構造上完全防水ではないのですが、

インナーはPVC(ポリ塩化ビニル)を熱溶着されていますので、防水性は間違いなさそうです。

構造上の完全防水ではないとは、バッグをプールなんかに落とした時のようなシチュエーションでの防水性だと思います。

GROMにサイドバッグNB-92を取り付けます


GROMのシートを外して、ベルトを2本取り付けます。フックの位置は思った以上に上の位置になります。
GROMはシートが細いし薄いので、ベルトが結構余りますね。ベルトをカットしても良いのですが、NB-92はこのベルト使う事で防水バックパックとしても使う事が出来るので一応残しました。
多分、バックパックとして使う事はないと思いますけどね。

サイドバッグのD環にシートに取り付けたベルトのフックを固定します。

このままだと、リアタイヤに巻き込んでしまう可能性があるので、


付属の補助ベルトをタンデムステップとリアキャリアにピンと張る感じで結びました。


タンデムステップ側は手持ちのカラビナを使い、サイドバッグ下のD環と一緒に共止めしています。
これでリアタイヤにサイドバッグが巻き込まれる事はないと思います。出来るならばサイドバッグサポートを付けてあげた方が良いと思います。


GROMにサイドバッグNB-92を装着出来ました。

NB-92は左右2個取り付ける事が出来るのですが、旧型GROMのノーマルマフラーがアップマフラーの為、右側への取り付けは難しいです。
新型GROMはダウンマフラーとなっているので2個の取り付けが可能で羨ましいです。
NB-92は1個単位の販売なので、2個取り付ける場合は2個購入する必要があります。

結局のとこ、箱と今回取り付けのサイドバッグだけでは荷物を全て積む事は不可能なので、ある程度の荷物は送る事にしたんですけどね(笑)

GROMの積載力にお困りの方、参考にしてください。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!