【ZC33Sスイフトスポーツ乗り】スイフト ハイブリッドRS 4WDに乗ってみた感想

やっとですよ、奥さん!
もらい事故から3か月、遂に私の愛車ZC33Sスイフトスポーツ@キモオタイエロー号がピットインしました。

【もらい事故から3か月】ZC33Sスイフトスポーツまだ修理できず【2022年大雪影響】

2022年5月7日

【もらい事故 過失100:0】ZC33Sキモオタイエロー号当てられて凹む【左前フェンダー】

2022年2月7日
MATSUKATA
全然急がないんですけど、ちなみに修理ってどのくらいかかりそうですか?
営業マン
2週間くらいはかかると思います
ちなみに今も10台程の修理待ちが発生しているみたいです。

そんな修理中に用意されたレンタカーは、

スイフト ハイブリッドRS(4WD)


オレンジ色、ルーフが黒のツートンカラーのスイフト ハイブリッドRS(4WD)

ATです。

ハンドルにはパドルシフトが付いています。


カーナビも付いていますが、シフトをRに入れた際にモニターにバック画面が表示されないのでバックカメラ未装着ですが、


前後記録ドライブレコーダーが装着されています。

スイフト ハイブリッドRS(4WD)をZC33Sスイフトスポーツとの比較

遅すぎる

スイフト ハイブリッドRS(4WD)を乗ってアクセルを踏んでまず思ったのが、

MATSUKATA
遅っ!
ZC33Sスイフトスポーツ(6MT)と比べて、スイフト ハイブリッドRS(4WD)めちゃくちゃ遅いです、特に出だしが遅すぎる、、
ZC33Sスイフトスポーツは一応スポーツモデルなので比べてはいけないのは重々承知なんですが、ホント遅い!

パドルシフトも試してみましたが、全くもって気持ちよくシフトアップダウンできないし、CVTのマニュアルの味付けなのでMTと比べてはいけないんですけど、

足回り、シートのホールド性は意外にイイ

動力性能はZC33Sスイスポと比べると残念なんですが、意外に足回りが硬くてスイスポに近いかも?
シートもスイスポのセミバケットと違うのですが、こちらも意外にホールド性イイです。

燃費はZC33Sスイフトスポーツに軍配が上がる


燃費表示みたらスイフト ハイブリッドRS(4WD)の燃費は約15kmなんですが、同じ条件でZC33Sスイフトスポーツはだいたい17km~くらいは走ります。
まぁ、これもFFと4WD、1.4直噴ターボと1.2マイルドハイブリッド、ハイオクとレギュラーなどなど、全く条件が違るので参考程度に

ZC33Sスイフトスポーツのコスパに驚く

先に述べた足回り、シートもそうなんですが、改めてZC33Sスイフトスポーツのコストパフォーマンスに驚きました。

なんか、スイフト ハイブリッドRS(4WD)に乗って雨だったのでワイパーを使用している時に違和感を感じるんですよね、

それもそのはずスイスポと比べワイパーがプアーなんですもの、
ZC33Sスイフトスポーツは標準でNWBデザインワイパーが装着されています。

【ZC33Sスイフトスポーツ】NWBデザインワイパー交換【運転席D50・助手席D48】

2021年4月23日

素イフトとスイフトスポーツの違いを今更私が説明するのもなんなので割愛しますが、
そうなんですよ、素のスイフトと比べると圧倒的コストパフォーマンスなのがスイフトスポーツなんです。

マイナーチェンジ後の2型の装備

今回借りているスイフトはマイナーチェンジ後の2型なんですが、

シートヒーターが助手席にも付いていますし、

ドアミラー部にツイーター(スピーカー)が装備され、ドアミラーにはウィンカーを出した際の死角に車がいる場合に点灯点滅で知らせてくれるブラインドスポットモニターが装備されています。

マルチインフォメーションディスプレイに速度表示が追加、標識も表示されるようになりました。

私が1型と比べて気が付いた2型に追加された装備です。

名前にスイフトと付きますが、ZC33Sスイフトスポーツとスイフト ハイブリッドRS(4WD)はまったく性能の違う別の車と私は言い切れます。

どうしても4WDじゃないといけないとかの事情がない限りスイフト買うならスイフトスポーツ買ったほうが絶対に幸せになれます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1975年生まれのスノーボード大好きおじさん スノーボード歴25年以上、釣り、ゴルフ、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダ(境界性パーソナリティー障害)嫁のゲス不倫が原因での一方的離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!