【天王寺・ヴィアあべのウォーク】老舗大衆居酒屋 明治屋【日本三大居酒屋・写真撮影一切禁止】

友人に誘われ天王寺に飲みに行く事になったんですが、

友人T
あかん、スタンドふじめっちゃ並んでるから場所変更や!

友人が事前に連絡した際に今は席が空いていると事で、天王寺を代表する老舗大衆居酒屋 明治屋に行く事にしました。

移転してヴィアあべのウィークにて営業しています


阿倍野ハルカスから路面電車が走る道路の迎えにあるショッピングモールのヴィアあべのウィーク1Fの飲食店街に明治屋はあります。


明治屋は誰かが決めた日本三大居酒屋らしく、以前の場所から移転したらしいです。

日本三大居酒屋(居酒屋紀行の著者、太田和彦が決めたらしいです)

  • 大阪阿倍野 明治屋
  • 東京月島 岸田屋
  • 和歌山白浜 長久酒場






写真撮影、携帯電話の使用は禁止


明治屋は写真撮影が一切禁止となっています。

なので、写真は外観の2枚しか撮れなくて、、

割と新しいショッピングモールで営業しているのですが、極力以前の雰囲気を保っているそうです。
内装もどこか懐かしい感じとなっていました。

栓抜きなんか、昔の瓶コーラーの自販機についている様な固定式の栓抜きで瓶ビールの栓を抜いてました。

目につく近代的なものといえば、瓶ビールを冷やしている冷蔵庫と生ビールのサーバーくらいでしたね。

厨房は奥にあり見えなくなっています。カウンター内に“おねいさん”が4人ほどいて、中心にそのおねいさんのリーダー的な方がいてます。

おねいさんの年齢は察してください(笑)

イメージ的に店内はこんな感じです。席数、テーブル数は正確ではなく適当です。
カウンター席が窮屈で、おねいさんリーダーから、
リーダー
ちょっと横に詰めてあげて!
カウンタ席はぎゅう詰めになり、隣の方と触れるか触れない位の距離感となります。

お客さんの年齢層は高めで、1人、2人で飲みに来ている方が多いですね。

忙しないです

友人と2人なので、カウンタ席の言われる席に着座。

おねいさんが指定する席に座わらないとあからさまに嫌な顔されるとの事なので、おねいさんの指示の席に着座しましょう。

カウンター席に座るやいなや、瞬間に

リーダー
何?飲みましょ?
シンキングタイムすら与えてもらえません(笑)

友人T
とりあえず瓶ビール下さい!

飲み物が運ばれてくるやいなや、おねいさんリーダーが伝票を持ちながら、

リーダー
何?しましょ(注文します)?

グラスにビールを注ぐタイミングすら与えてもらえないです(笑)

料理の値段は高め

事前のリサーチでシュウマイ@350円が名物とのことでシュウマイをオーダー。
他、何にするか悩んでた所、

リーダー
今日はシマアジがオススメやけど?
友人T
じゃ、シマアジを!

あと、イワシの梅肉揚げ@450円を注文しました。

オススメのシマアジ@700円が運ばれて来ましたが、、一切れが小さいし、量も少ないし、、700円は高いです。
写真でイメージをお伝えできないのが残念です。

名物のシュウマイは皮が黄色で小さく、シュウマイ全体が包まれいない独特な形の物が3個提供されます。
味はまぁ美味しいですけど、そこまで絶賛するほどの味ではなかったです。

明治屋の名物はシュウマイ以外に湯豆腐@370円でして、湯煎で温められている豆腐一丁(半丁くらいかも?)を丼鉢に入れうどんダシととろろ昆布とネギを散らしたものがあり、ほとんどのお客さんが注文してましたね。

ビールを追加して、だし巻き@300円を食べましたが、
料理の空いた皿、飲み終えたビール瓶なんかは、おねいさんに瞬時に回収されていきます(笑)

そんな雰囲気で忙しなく居心地も良くないのと、CP(コストパフォーマンス)もイマイチなので早々に退店することに、

そんな急かしたおねいさんに、お会計を伝えた所、

リーダー
え?もうええの?

これには思わず、、目が点になりましたね(笑)

会計は2人で3,000円ほどだったかな?

ひっきりなしに人が来ますし人気店の様ですが、再訪はないですね。

昔ながらの昭和の居酒屋の雰囲気を味わうアミューズメント的な居酒屋だと個人的には感じました。

飲み足りないので2軒目、大衆酒場 正宗屋へ


全然飲み足りないので、明治屋と同じ飲食店街にある大衆酒場 正宗屋へ。
正宗屋は安くて、正にこれこそ大衆居酒屋でCPは最高でしたね。

明治屋以上に飲み食いしましたが、会計は2人で2,000円を切り一人当たり1,000円を下回るコストパフォーマンスで最高です(笑)

逆に正宗屋はリピート確定ですね。


こんな都会のショッピングモールなのに、うどんは200円からあります(笑)

この値段設定こそ大衆天王寺価格ですよね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!