【礼文島香深港】ミサイル艇わかたか【自衛隊】

礼文島のフェリーターミナルの香深港に自衛隊のミサイル艇のわかたかが係留されていました。







ミサイル艇わかたか


船尾にはミサイルが装備されています。


船首には機関砲があります。

当たり前なんですが、この船は兵器ですね。


推進器はジェットの様ですが、三機あります。

わかたかの詳しいスペックはwikipedinaにて確認して下さい。


船首。


利尻富士とわかたか。

特にブログの記事にする程ではないし、京都の舞鶴港に行けば自衛隊の船なんて腐るほどあるんですけど、、
間近で撮影する機会はなかなかないので、ブログに書きました。

残念ながら乗船時間は終了していたので、乗船し見学できなかったのは残念です。

今回は自衛隊のミサイル艇わかたかですが、以前には豪華客船のにっぽん丸も礼文島近くまで来たのを観ました。

さすがににっぽん丸クラスの船は礼文島には接岸できないので、乗客は救命艇でもある通船と呼ばれる小さい船に乗って上陸するみたいです。

わかたかに積載されている救命艇?もなんか迫力ありましたね。

礼文島に居ると、あんまりイベント的な事がなく、自衛隊のミサイル艇が停泊しているだけで盛り上がってしまい、ブログ記事にしてしまいました。

京都の舞鶴港に行けば、嫌ってほど自衛隊の船を観れますが、なかなか接近する事は出来ないですしね。

今回は残念ながら、乗船して見学する時間は終了してしまったみたいで、乗船は出来ませんでした。

詳しくはwikipediaなんかで確認してもらえればと思うんですが、わかたかは40ノット(約80km)と言う船ではとんでもない速度が出るみたいです。

この船ならば、礼文島から利尻島まであっちゅう間に着いてしまいますね(笑)
私が乗っているバイク、ホンダGROMで海上を走るくらいの速度です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!