17シーズン 11日目 キロロ【顔写真撮影】からの回転寿司トリトン【間違いない!】

完全に北海道ロスのマツカタです。

北海道スノーボード旅行、2日目のスタートです。

すすきのナイツで少し、ハッスルしてしまいましたが、

【札幌】すすきのナイツ初日【開陽亭すすきの2号店】キャッチはぼったくり

2017年2月18日
なんとか、朝、起きる事が出来、予定通りの8時にはホテルを出発し、本日のゲレンデ、キロロへ車を走らせました。

北海道、冬季の道路状況

しかし、札幌市内の道はやばいです、、
ほんま、スケートリンク状態です。

ホテル横の路地なんて、20センチくらいの氷で盛り上がってます。
その氷の塊を最終日に除雪(除氷?)しており、すっかりアスファルトが出てました。

なので、北海道を車で走るのに、一番、緊張するのは市内ですね。
高速道路はほぼほぼ、真っ直ぐなので、雪道でも走りやすいです。

峠、スキー場近くも、本州の雪道を運転する感覚とそんなに変わらない感じです。
コーナーで何度が滑りましたが、4WDが介入して、すぐに体制を立て直します。

レンタカーのラクティスの4wdのシステムは、前輪(FF)が滑った時に後輪が動きます。
後輪に動力が伝わるまで、感覚的にタイムラグを感じますが、北海道の雪道を危なげなく走れました。

歩道も、アイシーに凍っているので、マツカタは滞在中に二回、豪快にこけました。
北海道の人も普通にコケるそうです。

キロロ

途中、朝飯を食べる為に、北海道と言えば、セイコーマートに立ち寄り、

危なげなく、キロロに到着。

リフト券売り場でリフト券を購入しようとすると!
カメラで顔写真を撮られました。
なんか、スキー場で顔写真を撮られるのは、シーズン券を購入した時以来です。
一日券の購入で撮られる経験は初めてです。

リフト券には性別、名前がカタカナで表記されてました。

外国人の場合は、英語表記でした。

なので、リフト券を見ると、その人の名前が丸わかりです。

ICリフト券なので、デポジット(保証金)500円取られるんですが、
来シーズン以降も持ってると使えるとの事でしたので、記念に持ち帰る事にしました。

次回、訪れる際にリフト券買うのがスムーズなのかな?と思いました。

そう言えば、今回の旅行で訪れたゲレンデ全てがICチケットでしたね。

さて、キロロのゲレンデはと言うと、
思ってたよりは小さいかな?と感じました。
それでも、全然、広大なエリアのゲレンデですよ。

一日あれば、全コースは滑れるくらいの規模です。

ゴンドラ一本で山頂まで行けるので楽です。

コースの感覚も広く、非常に滑りやすいです。

ツリーランなんかのエリアもあり、今回はパウダーではなかったですが、
パウダー時は、かなり調子良さそうなレイアウトだなと思いました。
実際、ゲレンデはパウダーボードだらけでした。

白馬コルチナもそうだったんですが、キロロも外国人が多く、目立ちますね。
さすが、北海道を代表するリゾートゲレンデです。

最後の一本、二本をツリーの中を抜け、少し残っていたパウダーを堪能後、木と木の間に出来たライン、アップダウンもあり、結構シビアな板の操作が求められるので、久しぶりに緊張感のある、ジェットコースター的な滑りがキロロでは一番楽しかったです。

昔に篭っていた、牧の入の第五リフトから抜ける、ツリーランを思い出しました。
すいません、マニアックなネタで、、

是非、また再訪したいゲレンデです。

帰りに、回転寿司のトリトンへ

北海道に住んでた、行った事ある友人らが、回転寿司のトリトンが調子が良いと言うので、
札幌市内に何店舗があり、ホテルの帰り道立ち寄れるトリトンへ。

比較的、早い時間の夕方だったので、並ばずに入店する事が出来ましたが、人気店で、結構並ぶらしいです。

トリトン、めちゃくちゃ美味かったです。

特に、でっかいボタン海老はヤバかったぁ、、、

頭の中を綺麗に取り除いて、軍艦巻きにしてくれてます。その軍艦がまた美味です。

これで確か、500円ちょっとで、トリトンでは高い部類のネタなんですが、全然安いと思います。
東京で、このサイズのボタンエビ食べたら、なんぼ取られるかドキドキして食べられないですよ(笑)

花咲カニの汁物も美味かったです。

他にも、色々と堪能しました。
美味すぎて、めっちゃ食べるスピードが早い事、、店内滞在時間、15分でした。

ちなみに、会計(生ビール二杯)ですが、3人で約1万円です。
トリトンが近所にあるならば、絶対に頻繁に通いますね。

トリトン、北海道行くなら絶対に立ち寄らないと行けません。

ただ、北海道の人のトリトンの評価は、

北海道の人
回転寿司のわりには、美味しいよね!

だそうです、、
北海道の本場のお寿司は、、きっと、かなり美味いんでしょうね。
予算の都合で、回らないお寿司は断念しましたが、再訪の際は、食してみたいですね。

そんな、こんなで宿泊のプレミアホテルCABIN札幌に戻り、大浴場の天然温泉にて汗を流し、
時計の針を見ても、まだ19時前。

中年男子3人、すすきの街へ、
さぁ、今宵もすすきのナイツです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!