【スノーボードバックパック】BURTON DAY Hiker [25L]【ド定番】

バックパック(リュックサック)を持っているんですが、ウェストベルトが付いていないんです。

スノーボードする時には使うのにはチェスト(肩)ベルト、ウェスト(腰)ベルトがあって体に密着させられるモデルがベスト、スノーボード用バックパックが急遽必要となりスノーボード用バックパックとしてはド定番と言っても過言ではない、BURTON DAY Hikerを購入しました。







BURTON DAY Hiker 25L

スノーボード用品を専門に製造販売しているBURTON。スノーボード用品買うのに悩んだらBURTONを買ってたら間違いです。

なので、スノーボード用のバックパックとして今回購入したのはDAY Hikerってモデルの25Lの容量のモデルです。
DAY Hikerには容量違いなんかでいくつかのモデルがあります。


バックパックに付いてあったタグを見ると、オンスノーからストリートまで使える様な事が書いてあります。
実際に届いた商品を見て、スノーボードでも、タウンでも使えると感じました。


25L(リットル)の容量なので、大きさはオーソドックスな大きさとなっています。普段使いとしても違和感なく使えますね。


前面には小さいポケット、スノーボード、スケートボードなんかを運ぶ為のベルトが付いています。このベルトがスノーボード用バックパックの特徴ですね。


チェストベルト、ウェストベルトはもちろん付いています。


背面にはしっかりとパットが入っているので、バックパックと身体を密着させても負担が無いようになっています。


両サイドにはメッシュポケット。500mlのペットボトルがすっぽりと入り若干余裕があります。水筒なんかを入れるのに便利ですね。


メインのポケットとは別にもう一つのポケットの中には更にメッシュのファスナー付きのポケットがあり、鍵なんかを繋げる為のストラップが付いています。


メインポケットは二つに別れてて、背面側にはクッションがありノートパソコンなんかを収納できる様になっています。クッションはそんなに厚みがないので心もとないかな?って感じです。
ノートパソコン収納部は水分補給システムに対応しています。


ノートパソコン収納部の上に水分補給システムのストローを通せる様に穴があります。

BURTON DAY Hiker、本当に良くできたスノーボードバックパックですね。雪山を降りた後でも普段使い出来ますし、ド定番な理由も分かりました。

スノーボード用のバックパックでお悩みならば、BURTON DAY Hiker買ってたら間違いないです!

BURTON DAY Hikerは定価が1万を切る価格なんですが、型落ち、セールなんかを狙うと5000〜6000円位の安価での購入が可能なのもイイです。

意外にBURTON直営のオンラインショップが安かったりします。私はBURTONオンラインショップから型落ちを購入しました。

BURTON ONLINE STORE
BURTON ONLINE STORE

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!