17シーズン 4日目 スキージャム勝山【西日本の雪ではないよね?】

三日間、blogを更新できなかった、マツカタです。

友人から誘いがあり、1月17日から19日と二泊三日でスノーボードへ行ってきました。

前日までの寒波で期待大です。
が、友人の一人が風邪でダウンとの事です、、
こんなコンディションを逃すとは、日頃の行いが、、残念です。

ゲレンデはスキージャム勝山に

私ともう一人は二泊三日の行程なんですが、日帰りにて二人が参加。関西から日帰り圏内で寒波の影響を受けて雪がありそうだと言う日本海側のゲレンデにしようとは思ってたんですが、風邪でダウンして行けなかった友人が行き先だけは早々と決めてくれてた、スキージャム勝山。

誰も異論はないので、行き先はスキージャム勝山のまま出発。
途中、先日の寒波の影響で高速は滋賀県辺りでも雪模様です。これは期待大です。

途中のSAで日帰りチームと合流し、朝食を胃袋に流し込み準備万端。
それからスムーズにスキージャム勝山に到着しました。

私、しばらく東京に居てたのと、大阪に住んでた時にも北陸道方面のスキー場へ行った事ないので、何気に初ゲレンデです。

コンディションは、先日の寒波の影響と、雪が降り続いており、パウダー!!です。スキージャムの通常の雪質は分からないんですが、今日の雪質は長野県の北信の感じとほぼ同じでした。

最大斜度のエクストリームコース、最高です。

ちょっと距離が短いんですが、斜度はええ感じで気持ち良かったです。

ジャム勝、リフトもフード、足置き場付きなのはマツカタ的に評価大です。

Ultimate Ride パウダーもいける

パウダーが妙に滑りやすくなったと思ったら、先日買って今回、初おろしのSalomon Ultimate Ride。
この板が、嬉しい誤算でパウダーも、めちゃくちゃ滑りやすいんです。

【サロモン】16/17 Salomon Ultimate Ride 買いました。【アルティメットライド】

2017年1月15日
試乗会の時は春の圧雪のコンディションだったので、パウダーは試せてなかったんですが、究極(Ultimate)は伊達ではないですね。

他のメンバーにも試乗させてあげたところ、
満場一致で、
「ヤバいよ、この板、めちゃくちゃ乗りやすい。まさに究極やわ」となりました(笑)

午前中は、ずっと雪が降ってたんですが、午後の3時頃には晴れ間も見えて、最高のコンディションでした。先シーズンまで息子と必ず一緒にスノーボードへ行っており、その際に息子を追い撮りしながら滑るのが私の役目で、息子はパウダーなんて、もってのほかで滑れませんし、

数シーズンぶりにがっつりとパウダーの大盛り頂きました。

日帰りメンバーと別れて富山市内へ

滑り終え、山を降りたコンビニで談笑後に、泊まりチームと日帰りチームは別れました。

で、マツカタ含めた中年二人は、今夜の宿泊先、富山市内のビジネスホテルを目指し北陸道を北上。
明日に予定しているゲレンデ近くまで行くのは距離的にしんどいかな?と思い、福井県から無理なく行ける富山を宿泊地にチョイス。

富山駅近くの一番安いホテルを最初予約しかけたんですが、ホテル名がプリンス、、なんか嫌な予感するので、口コミ等を調べて見たら、、どうも愛を確かめ合うホテルみたいで、、危うく中年男二人で間違いを起こすところでしたわ(笑)

2番目位に安いホテル、一泊@一人2500円程のホテル翔。まぁ、、値段は値段なので、寝るだけなら全く問題ナッシングです。

食事はもちろん付いてませんので、中年男二人で富山の夜の街へ、、

普通に居酒屋で食事して、普通にホテルに戻り、間違いも犯さずに就寝。
今回の旅のメインはスノーボードですので、富山ナイトフィーバーしたかったんですけど、また次回にとっておきます。

富山駅周辺は、思ってたより栄えてました。美味しそうなご飯屋さんも多く繁盛してまして、私達も二軒ほど満員で断念した程です。

翌朝、今回の旅のメインイベントと言っても過言ではない、シャルマン火打へ向かいました。

年始のトリップでは、、残念でしたからリベンジも兼ねてます。

17シーズン 3日目 シャルマン火打【権現荘の最高なひと時から暗転】

2017年1月14日

シャルマン火打の内容はまた、後日に

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!