17シーズン 7日目 白馬乗鞍温泉スキー場【白馬山麓ツアーズが最高に安い】

パウダーで、はしゃぎすぎて転けて二回転し、首が回らないマツカタです。

またまた一泊でスノーボードへ行ってきました。場所は白馬です。

週間天気予報見てると、なんか、今回の旅と重なる寒波。また、パウダーが食えるのか?めちゃくちゃコンディション良さそうな感じです。

友人に朝、4時頃にお迎えに来てもらい、白馬へ向けて車を走らせます。滋賀県あたり、すでに雪が舞ってます。(今シーズンはこのパターンが多いです。)

道、大丈夫かな?と心配でしたが、二人旅、白馬までは結構な距離なので、運転交代要員としてマツカタは遠慮なく寝ましたが、運転を交代した岡谷JCT手前までは順調に進みました。

白馬山麓ツアーズが安すぎ!!

長野道の安曇野ICを降りて、友人が手配してくれた、今回のツアーの手続きする為に白馬駅近くの白馬山麓ツアーズを目指します。道は白馬に近づくにつれ、完全に雪道になりました。

白馬山麓ツアーズでツアー代金を支払い、宿泊先のホテル、リフト引換券、等のチケットを受け取り今回のゲレンデ、白馬乗鞍に向かいました。

友人G
あれ?リフト一日券しか付いてないと思ってたんですが?二日券付いてますわ。なんか、いいんですかね?得した気分ですね。
MATSUKATA
ほんまに、大丈夫なん?安すぎへん?まぁ、宿ボロ、飯マズでも気にしたらあかんよな(笑)
ちなみに今回のツアー代金ですが、一泊二食、リフト券二日券付、昼食割引券付いて、

9,900円です。(あまりに安いので何かあるんじゃないのか心配です。)

白馬山麓ツアーズ

前回の友人とは違うんですが、今回同行した友人の車もスーパーFF(二駆)。でも、トラクションコントロールのランプを転倒させながらも危なげなく白馬乗鞍の宿泊先のホテルアルプスの駐車場に到着。

17シーズン 5日目 シャルマン火打【念願のシャルマンのパウダー】

2017年1月21日

パウダーの楽園

もう、ゲレンデに着いたら、

MATSUKATA
これ、間違いなくコンディションええやつやん!!

リフトに乗る前からわかります。連日の寒波にて、最高のコンディションです。

リフトを乗り継ぎ、スカイビュゲレンデへ。

スカイビュゲレンデ
最大38°平均28°幅250mの名物急斜面。眺望、雪質とも抜群。降雪時はディープパウダーを堪能できます。

雪もサラッサラッで、ターンすれば、これがパウダースプレーかと言わんばかりに、粉雪が舞い上がります。

いやー、やばいですね。めちゃくちゃ雪が軽い!!

超、超、超、気持ちええ!!

トラックありますが、狙えば全然、まだまだ食べられます。コース幅も広いので、滑りたい放題です。

結構、疲れて来たのとゴーグルが曇ってきて視界不良で、もうええかな?となったら、
晴れ間が見え、視界が開けたりしたりして、なんだかんだ、

スカイビュゲレンデのリフト終了時刻の13時まで、ガッツリと滑りました。

友人は欲をかいてノートラック狙いすぎて、、

腰まで、埋まってました、、

マツカタも、パウダー食い過ぎで、疲労から足がついて行けず、冒頭に書きましたが、豪快にヤラれ、2回転しました。

昼食割引券が使える食堂で遅い昼食をとり、ホテル側のゲレンデの上部から何本が滑り、この日は終了。

ホテルアルプスも調子良すぎ

ホテルもゲレンデ併設なので、ゲレンデからそのままアクセスできるので楽ですね。

部屋も普通のバスルーム付きのツインです。アメニティーもしっかりと付いてます。

ゆっくり、ホテルの温泉に浸かり、夕食の時間まで、時間があるので、乾杯!!

この日は宿泊客が少ないのか?バイキングではなく、夕食は洋食での提供との事でした。
洋食と聞いて、ツアーの値段も値段なので、私も友人も全く期待してなく、ハンバーグにエビフライ的な物を思い描いていたんですが、それが全く違い、普通に、前菜、スープ、メインディシュ、デザート、コーヒーとなっているコース料理でした。

友人G
この値段で?大丈夫ですかね?このホテル大丈夫ですか?頭おかしいんとちゃいます?
MATSUKATA
ほんまやな、、この値段で提供できる料理ではないよな、、

この値段で、このクゥオリティーのホテル、スキー宿としてのコストパフォーマンス考えれば、白馬乗鞍温泉のホテルアルプスはぶっちぎりの一位ですね。

白馬山麓ツアーズのリフト券付きの宿泊プランでの値段。

トータール的に見ても、マツカタ一押しのシャルマン火打近くの権現荘と肩を並べますね。

17シーズン 5日目 シャルマン火打【念願のシャルマンのパウダー】

2017年1月21日

友人とリピートは確定と誓いました。

夕食後に、部屋でまったりし就寝しましたが、、

、、マツカタ、、寝れません、、

クビ ガ イタイ、、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!