【雪多くパウダー天国】20-21シーズンのニセコがヤバイ【人少なく】

20/21シーズンのニセコがエライ事になっとるですとよ!
外国人客がほとんどだったニセコ、コロナ禍の影響はやはり受けておりほとんど外国人客が居ない。
で、連日のニュースでも伝えられていますが、今シーズンは雪が多い!

朝に停めた車が夕方にはご覧の通りです。こんな感じで雪がずっと続いています。







ゲレンデコースにパウダーが残りまくり

例年のシーズンなら午前中の1,2本でほぼゲレンデコースのパウダーなんてなくなってたんですが、今シーズン(20/21)はと言いますと、

ゲレンデの非圧雪コースにはパウダーがたっぷりと残っています。
人(客)が少ないので終日どこかしらにパウダーは残っているので、コース外やツリーランなんかする必要すらありません。

おそらく伝説のシーズンと語り継がれるであろうパウダー天国

ニセコビレッジG11(ゲート)水野の沢

ニセコのスキー場にはゲートがあり、そのゲートが開いている時にゲート外(スキー場管轄外)を自己責任で滑る事が出来るのですが、今シーズンはゲレンデコースにパウダーがたっぷりと残っているので、私は写真のG11以外のゲートにはまだ行ってません。

こんな人が居なく、雪が多く、パウダーがたっぷりあるニセコにいつ行くの?

スノーボードの神様
今でしょう!

1月、2月とまだまだハイシーズン!
コロナ禍での人の移動は今は自粛するべき時期なのは重々理解していますが、本気のスノーボーダーの皆さん、この伝説のニセコはもう二度となく今シーズン限りかもしれませんよ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年も終え45歳になりました。 スノーボード歴20年以上、釣り、ゴルフ、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダ(境界性パーソナリティー障害)嫁のゲス不倫が原因での一方的離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!