【カッティングマシン】熱転写シートをスノーボードソールカバーに貼り付け【アイロン】

スノーボードを車に積むのに、車内が傷つかない様に、ソールカバーと言うカバーで、エッジがむき出しにならない様にスノーボードを包みます。

マツカタが使っているソールカバー、安心安定の安さのVAXPOT(笑)

安いだけあって、マツカタの周りのスノーボーダーの装着率、NO.1です。

なので、友人Bとまったく同じで、滑り終えた後、どっちが?どっち?なのか、分からなくなるんですよね。
あんまり、気にはしてなく、テレコになる事が多々です。

が、若干、友人Bのソールカバーの方が、ボロいんですよ。

今、手元のソールカバーは間違いなく、マツカタのVAXPOT。
自分のソールカバーだと、分かる様にと、久しぶりにアイロン熱転写シートを使います。

カッティングマシーンで、アイロン熱転写シートをカット

先日に作った、マツカタステッカー、あれでええかぁと、赤のアイロン熱転写シートを探すも、見当たりませんでした。

MATSUKATA
赤のカッティングシートはロールであるのに、なんで、赤のアイロン熱転写シート無いねん!!

【カッティングマシン】カッティングシート2色重ね貼り【ステッカー】

2017年3月7日

仕方がないです、、さて、何のデザインをカットしましょ?

せやせや、先日、友人用に作った、アレのデザインを使おう!

【カッティングマシーン】ステッカーを自作【スノーボード&バイク】

2017年3月1日

マツカタ、今、スノーボードを3枚持ってるんですが、全てがSalomonサロモンなんです。

なので、Salomonスノーボードのデザインをカットします。
中途半端な、白のアイロン熱転写シートがあったので、それを使い切ることにしました。

カッティングマシーンのカット、アイロン熱転写シートはデザインを反転させる必要があるので、設定します。

アイロン熱転写シート、デザインを反転してカットするのは、裏面(糊面)からカットするからなんです。

カッティングマシーンにて、カット。

カット出来たのが、

ちょっと、分かりづらくて、すいません、、

地味な手作業で、余分な部分を剥がします。

カッティングシートより、剥がしやすいんですが、細かい部分が、カッティングシートより粘着が弱く、剥がれやすいです。
なので、細かい英語の部分のA,B,D,O,Rなんかの文字、中に残さないといけない部分、これらが簡単に剥がれてしまします。

細かい部分は剥がれましたが、なんとか、修正することができました。

アイロンで、熱と圧をかけ、布に密着させます

出来上がったデザインを、ソールカバーに上にあて、位置を調整。

アイロンの温度に気をつけながら、シートの上から少し圧をかけながら、数秒間、何回か押し付けます。
この時、アイロンはスライドさせないのがコツです。あくまで、上から押さえるだけ。

ちなみにアイロンの温度が高すぎると、中のシートが溶けます。
温度が低すぎても、シートが生地に密着しません。

アイロンシートによって、アイロンの熱のかけ方が変わるので、説明書を良く読んだ方が良いです。

シートによるのですが、アイロンの温度、熱い状態で剥がすのか?冷めてから剥がすのか?等、様々な条件があります。

下のアイロン熱転写シート(白)が、密着しているのを確認して、上の透明なシートを剥がします。

ええ感じで、貼ることが出来ました。

今回、2セット作ったのですが、細かい文字の部分の作業、ピンセットが手元になくて、2枚目はやっつけ仕事になってしまいました、、

引越しの際に、身の回りの物を整理させてもらえる時間さえ与えてもらえなかったので、ピンセットすら今、手元にないです。

嫁の不倫による一方的な離婚の経緯ーその3ー【境界性パーソナリティー障害】

2017年1月29日

まぁ、友人と間違えないためのマーキングが目的なので、細かい事は気にしない事にしました。

早速、板にソールカバーを装着してみました。

MATSUKATA
まぁ、なんと言う事でしょう?まるで、純正品の様です。

これで、次回から友人Bとスノーボード行っても、ソールカバーの間違え様がないです。

今回使用した、アイロン熱転写シート、伸縮性もあるので、ソールカバーのネオプレン生地なんかに貼っても大丈夫です。
Tシャツなんかは、全然問題なく貼る事が出来るので、オリジナルTシャツなんか簡単に作る事ができますよ。

マツカタ、息子へ何枚もオリジナルTシャツを作ってあげました。

ガンダムのザクをモチーフのザクTシャツを作ってあげたら、周りの大人の反応が良いので、めっちゃ喜んで着てましたね。

ベースの無地のTシャツもね、めっちゃ安くて、ハイクゥオリティーなんです。

トレーナーをソーイングして、ザクトレーナーを作った事もありましたね。

追記
やっぱり、やっつけ仕事の2枚目が気になるので、修正しました。

アイロン当て過ぎで、ちょっと溶けてしまいましたが、、

【カッティングマシーン】熱転写シートをカットしてオリジナルTシャツを作る【アイロン】

2017年4月11日

【男のソーイング】やってみると男性でも簡単に縫えます【入園入学グッズ】

2017年2月23日

小型カッティングマシーン用カッティングシートを買うならば

カッティングシートやアイロン熱転写シートを購入する際にマツカタが利用しているのが、楽天市場のステカ&サプライ ユーロポートです。

小型カッティングマシーン用サイズのシートの取り扱いが豊富です。
シートによっては50cm単位での切り売りに対応しています。小型カッティングマシーンサイズのカッティングシート(アイロン熱転写シート)を購入するならば、ステカ&サプライ ユーロポートがオススメです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!