【釣り天国礼文島】起登臼川(きとうす)で釣り【イワナ・虫多く対策必要】

今日は時化で漁に出てなかったのですが、
ゴミを産業廃棄物処理場に持っていったり、番屋の解体作業等の手伝いをしていた時に親方が、

親方
起登臼川でイワナが釣れっぺ!
起登臼(きとうす)と言います。

午後から時間が出来たので早速、起登臼川へ行ってみました。







起登臼(きとうす)川はうにむき体験センターの手前にあります


起登臼(きとうす)川は香深から船泊方面へ、礼文島のベタな観光スポットのうにむき体験センターの手前にあります。

うにむき体験センターの手前には礼文島の発電所があります。

ちょっとわかりずらいのですが、こんな写真の場所をバイクが止まっている方面へ。

この先は起登臼川の河口となってます。

河口と言えど、こんな規模です。

起登臼川の上流へ


最初こそ住宅があり道が舗装されていますが、

すぐに未舗装の道になります。


一応、車の轍があるので、行けるところまで行ってみたら倒木でこれ以上は進めませんでした。

来た道を引き返し、竿を出せそうな場所で釣りをします。

川幅は2m位でしょうかね?本当に小さい川です。

イワナが釣れました


とりあえず、こんな写真のシチュエーションで釣りをしてみる事にしました。

手持ちの一番小さいワームをとりあえず選択し、何投かしていると、魚のアタリが!

何投って言うても投げれる環境ではないので、軽く上流側から下流へワームを流していただけです。

周りにブッシュが多くて、なかなかアワセるのも一苦労ですが、なんとか魚がノリました。

かなり小さいですけど、人生初のイワナを釣りました(笑)

厳密にはイワナなのかはわかりませんが、イワナの親戚みたいな魚なんでしょうかね?

この場所で何度かアタリがあったんですが、この一匹だけしか釣ることはできませんでした。

と言うのも、、

虫が多く、まとわりつく

なんか小バエみたいな虫が大量にまとわりついてきます。

ふと、耳たぶに手をやったところ、虫がつぶれ流血してました。
どうやら吸血系の虫の様です。

ほんとこんな状況なので、ゆっくりと釣りをできなくなり退散する事にしました。

帽子についた蜘蛛の巣に、その虫がいっぱいついてました。

流血した耳たぶが痒くなってくるし、赤くなってくるし、、
たぶん、ヌカカ?って吸血系の虫?ですかね?

この場所での釣りには虫よけ等の対策がないと釣りにはならないです。

ちょっと不完全燃焼でしたが、とりあえずイワナを釣ることが出来たので良かったです。

次回は虫対策をバッチリでリベンジしたいと思います。

そんな不完全燃焼だったので、その後、九種湖に行きましたが、その模様はまた次回に!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!