【礼文島キャンプ場】九種湖【湖畔遊歩道・大備川釣り】


礼文島には日本最北の湖、九種湖(くしゅこ)があります。

キャンプ場があり、湖畔一周の遊歩道があります。







九種湖畔キャンプ場


キャンプ、車中泊一泊600円となってます。


トレーラーハウスチックな建物、コテージ、バンガローもあります。

コテージとバンガローの違いが良くわからないんですが、大人数用のコテージには「レブンアツモリソウ」って感じで花の名前、少人数用のバンガローには「スコトン岬」といった礼文島の観光名称がついてました。


オートキャンプ場も有り、電源完備です。


ランドリーやシャワー室もあり、長期滞在の拠点としても最適です。

キャンプ場全体が芝生で非常に手入れが行き届いています。
テントを張るのには最高のシチュエーションです。

仮に自分が旅人で礼文島を訪れたならば、ここ九種湖畔キャンプ場を拠点に間違いなくすると思います。

ただ、礼文島は風が強いのでキャンプする際には注意が必要です。
それと、カラスが非常に多いので、食べ物なんかを外に放置していると確実にカラスの餌食になるので、食べ物なんかは絶対にテント内にいれる様にします。カラスに被害にあってから、私の言う事を理解できると思います(笑)

九種湖畔コース


キャンプ場の敷地から九種湖を一周するトレッキングコース、九種湖畔コースにアクセス出来ます。

九種湖畔コースは遊歩道が整備されており、非常に歩きやすいです。


湖を観ながら散策路を歩きます。
九種湖はアシみたいなブッシュが多くて陸っぱりで釣りが出来そうなポイントが少ないですね。

九種湖にはアメマス、コイ、フナ、ワカサギ、ウグイなんかが居てるそうです。

釣りをするならカヌー釣りとかになるんですかね?一隻だけカヌーしている人が居てました。

キャンプ場から湖畔を歩いていると途中から木で舗装された道になります。


木の道は水芭蕉の群生地だからでした。

赤丸で囲った場所が下記に書いている場所です。

九種湖に流入する川、大備川で釣り

水芭蕉の群生地の木の道が終わるとアスファルトの道路に出ます。

すると、すぐに橋があります。


橋の両サイドはこんな感じで釣りが出来そうです。

と思ったら、ちょうど起登臼川での釣りの後に九種湖に来たので釣り竿を持ってるので、釣りをしてみる事にしました。

【釣り天国礼文島】起登臼川(きとうす)で釣り【イワナ・虫多く対策必要】

2017年6月12日

ちなみにこの九種湖に流れこんでいる川は大備川と言います。

九種湖に流入する川、流出する川は共に漢字では大備川なんですが、読み方が違うみたいです。

最初こそアタリがあるんですが、すぐにワームだとバレたのか?反応がなくなりました。
ここでは残念ながら釣りあげる事が出来ませんでした。

次の日にリベンジするもノーフィッシュ
餌とかフライとかならば釣れた可能性はあります。

アタリのあった魚は見た感じはイワナかウグイだと思われます。

釣れる道具を用意できたらリベンジしたいと思います。

この場所は道路なので、よく通りかかる車なんかに声をかけられます(笑)

礼文島には大きい川はないのですが、まだ魚が釣れる川が何か所かあるので、訪れてみようと思います。
その前に淡水魚を釣る仕掛けなんかを用意する必要がありますね。

礼文島に釣り具を扱っているお店があるので、今度釣具店へ行ってみます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!