【知床から2km】元地灯台【桃岩展望台コース】

最近、礼文島の天気はあまり良くなく出かける気にならなかったんですが、今日は久しぶりの快晴です。

晴れたら行こうと思っていた元地灯台に行ってみる事にしました。







知床(しれとこ)から2km歩けば元地灯台です

礼文島の知床(しれとこ)って所から2km歩けば元地灯台に着きます。

知床にはバス停があるので、元地灯台を目指すならばバスを利用し知床まで行くとスムーズです。

元地灯台は本来ならば桃岩展望コース(香深~知床)で訪れるのが王道コースとなっています。

私は知床まで原付バイクで行ったので、知床~元地灯台を往復する事にしました。

知床のバス停から少しあがるとこれ以上は車両が進入できなくなるので、車両を置いて行きます。
そんなに複数台の車が停められるスペースはないです。


知床バス停近くにトイレがあるので、元地灯台までトイレはないので済ませておきましょう!


知床に遊歩道の案内図があります。

知床から元地灯台までの道

知床から元地灯台の道ですが、

登り始めは砂利道となっています。


そんな砂利道を歩いていると、あっと言う間に500m程進んだ様で、残り1.5kmとなります。


礼文島のトレッキングコースに必ずある看板が出てきました。

コース図や花なんかの案内が書いてあります。

これ以上、車両の進入禁止とあるので、もしかしたらこの案内図までは車両で進入しても良いのかな?
ただ、駐車スペースはほとんどないです。


案内図には桃色展望台コースの案内が書いてます。


前日に少しまとまった雨が降った影響で道が川の様になっています。


こんな感じで川のような道が元地灯台までずっと続きました。

元地灯台に到着


そうこうしているうちに元地灯台らしき灯台が見えてきました。


やはり元地灯台でした。


灯台の歴史は古い様です。

元地灯台からの景色は絶景?

元地灯台に着いたら、周りは霧で少し風が強くなってしまいました。


元地灯台からの景色はこんな感じなんですが、、あいにくの霧で、、
天気が快晴ならば最高な景色は間違いないと思います。


花も色々と咲いてました。

元地灯台もトレッキングシューズがあった方が良いです

今まで、礼文島のトレッキングコースを何か所か歩きましたが、元地灯台まで行くにもやっぱりトレッキングシューズはあった方が良いと思います。

【季節の花々を楽しめる】礼文滝【礼文林道・礼文滝コース】

2017年6月18日

【礼文島】ゴロタ岬【岬めぐりコース・絶景】

2017年6月17日

【キャンプ場】九種湖【湖畔遊歩道・大備川釣り】

2017年6月13日

【標高490m・全長4.5km】礼文岳【海抜0mスタート・ニセ山頂】

2017年6月4日


川のような状態の道で、トレッキングシューズが泥だらけになってしまいました。

帰りに礼文島唯一の温泉施設、うすゆきの湯に寄り、トレッキングシューズの泥を落としました。

うすゆきの湯にはトレッキングシューズを洗えるように水道とタワシが用意されてます。

元地灯台、本当に天気が良いならば最高な景色だと思います。
知床からも約40分程で行くことが出来るので、桃岩展望台コース(7.3km約3時間40分)歩く時間がない方なんかは知床から元地灯台までの往復を歩いてみてはいかがでしょう?
行くならば、絶対に快晴な日をお勧めします。

今回、快晴やったのに、元地灯台に着いたら霧と風でした、、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!