礼文島での漁業手伝いバイト、男の自炊食生活【ウニ・ホッケ・海産】

礼文島で漁業の手伝いのアルバイトをしているんですが、寮(プレハブ小屋)で基本、自炊しています。

私、料理できる男なので、自炊で困る事は全然ないんですが、そんな中年料理出来る男子が普段、どんな物を食っているのか?







礼文島と言えば、ウニ!

たまにウニ漁の手伝いをするので、

ウニを頂きます。写真はエゾバフンウニです。


この写真はキタムラサキウニ(ノナ)です。


ウニをご飯の上に乗っけ、ワサビ醤油を垂らして頂いてます。


ウニ丼には少し飽きたのでウニパスタにしてみました。
青ネギをトッピングしましたが、青ネギは合わないです。できたら刻み海苔の方が美味いと思います。

ご飯、パスタにウニを乗っただけなので、レシピは割愛しますね。
ウニパスタは茹でたパスタにウニを乗っけ、麺つゆをかけ、ネギを散らしただけで、レシピと呼べるものではないです。

礼文島と言えば、ホッケ!

今、メインはホッケ漁の手伝いなので、ホッケには困りません。

ド定番、ホッケフライにしたり、

  1. 生ホッケを三枚おろしして、皮を剥ぎます。
  2. ホッケの身に塩コショウし、小麦粉をまぐして
  3. 溶き卵にくぐらせて、パン粉をつけます。
  4. 油であげます。(私は油の使用量を減らす為に揚げ焼きにしています。)

フライのレシピもわざわざ書く程ではないんですけどね、、


ホッケのつみれ汁です。

フライ同様に三枚おろし、皮を剥いだホッケを、

  1. 身を包丁で叩いて細かくします。(フードプロセッサーがあれば楽です)
  2. 細かく叩いた身に、片栗粉、酒、生姜、醤油などを入れ混ぜ合わせます
  3. 沸騰した湯に出来たつみれをスプーン等で団子にし入れていきます
  4. 好みの野菜など、お湯に入れ、ダシの素、醤油などで好みの味にしてください

ホッケのつみれは思った以上に柔いです。味もタンパクなので、気持ち濃いめに味を入れると良いと思います。
クセがないので、非常に食べやすいです。


ちょっとさばき方が下手なんですが、ホッケを背開きにして、塩水につけて冷蔵庫にラップ等をせずに入れていると干物ちっくにエエ感じに仕上がりました。そんな一夜干し風を焼いて食べました。

焼いている時、ホッケの脂でグリルからものすごく煙が発生しました。

ウニ、ホッケ以外の海産物では


ホッケ網の外道?としてよくかかる宗八カレイの唐揚げ。

  1. 宗八カレイのウロコ、頭を落として、内臓を取ります
  2. 宗八カレイに火が通りやすいように十字に切り込みを入れてます
  3. 片栗粉をまぶして、油で揚げます。
  4. 揚がったカレイをポン酢等をつけて頂くと美味しいです


八角ちゃんちゃん焼き。

  1. 捌いた八角を焼きます
  2. ある程度焼けた八角に、ちゃんちゃん味噌を塗ります。
  3. ちゃんちゃん味噌(味噌、みりん、酒、ねぎ、等々)
  4. 味噌を塗った身を、少し焦げるかな?位に焼けば完成

ホッケのちゃんちゃん焼きも美味いんですが、ホッケに劣らず、八角のちゃんちゃん焼きは美味です。


職場のお姉さんが、目の前の海でもずくを採るから、分けてあげると頂きましたので、もずく酢を作りました。

  1. 採れたてのもずくから、ゴミを取り除きます。
  2. もずくを軽く茹でます(もずくの色が変わる程度、一瞬です)
  3. 茹でたもずくを流水で冷やします
  4. もずく酢を作ります(酢、醤油、砂糖、みりん、ダシ(ダシ醤油))
  5. もずくの水分で薄まるので、もずく酢は濃い目で作るとイイです。
  6. もずく酢にもずくを漬けると完成です

もずく酢に漬ける事でもずくが柔らかくなり食べやすくなります。

酢の物にする前のもずくを麺つゆ、ネギなんかを入れて食べても美味しいですし、味噌汁の具としても美味しいです。

番外編、ギンポは、、

職場のお兄さんが、美味いらしいからとギンポを蒲焼で食ってみなと、

身を蒸し、焼いてみました。ビジュアルはウナギにかなり近いんですが、、
こいつは残念ながら、ウナギと比べると、脂はなく、身もパサパサでした、、

ギンポ、、まったく美味くなかったです。

江戸前では、天ぷらの食材として高級らしいです。

そんなこんなの礼文島での男の自炊ご飯の紹介でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!