トウベツカジカの卵醤油漬け【ご飯のお供ダラケ】

鮭(アキアジ)の網にめっちゃグロテスクで腹にチャプチャプと水が溜まっている魚がかかっていて、網から外すのも少し嫌なんですが、職場の人達がそんな腹を割って、中に卵があれば持って帰るので、マツカタ君も食べなとそんなグロテスクな魚の魚卵を頂きました。







トウベツカジカの卵

そんなグロテスクな魚は、礼文島ではトウベツと呼ばれています。正式名称はケムシカジカと呼ばれる魚です。

魚の写真がなくて申し訳ないのですが、そんなグロテスク度を確認したい方はGoogle先生にお願いして下さい(笑)

頂いたトウベツのこっこ(卵)はイクラと同様に醤油漬けにしな!と教えて頂いたので、

イクラと同様に房から卵を外し、醤油漬けにしました。
食感がイクラよりもプチプチと良くて、サイズはたらことイクラの中間って感じですかね。
個人的にはイクラよりも美味しいです。

次の日もトウベツの卵を頂いたので、

冷蔵庫にトウベツの卵醤油漬けのストックが一杯です。

トウベツの卵の醤油漬け、礼文島に来てなければ絶対に出会う事なかったですね。
トウベツの卵を食べる理由もわかりました。

ご飯が何杯でも食べる事できます。

ただ、私は小食なので、全然食べれないので、トウベツの卵を食べきるには時間かかりそうです。

冷蔵庫にはご飯のお供ダラケ

ウニ(キタムラサキウニ)を頂いたのですが、ウニ丼にしましたがまだまだ大量にあります。

【生ウニ(キタムラサキ・ノナ)】夢のコラボ2色丼【生イクラ醤油漬け】

2017年9月16日
ウニは塩水に浸かっている状態での保存なので、早く食べないと溶けてしまうんですよね、、

ただ、ウニ丼も味が濃厚で、毎日ウニを食えって、、食えないです正直。

生のウニを食べれないので、焼いてみました。

焼きウニは生のウニよりも食べやすくなりましたが、それでも味は濃厚ですね。

贅沢なんですが、ウニの炊き込みご飯なんか作ろうかな?と思いましたが、それでもウニを全部消費できそうにないので、料理するより保存する方法を模索して、ウニも醤油漬けにしました。
とりあえず、なんでも醤油漬けにすれば解決しますね(笑)

食べ終わったなめ茸の便を取って置いたのが役立ちました。
ウニの醤油漬けはそのまま食べたり、調味料として使いたいと思います。
玉子かけご飯なんかに合いそうですね。


イクラの醤油漬けも残ってます。写真のイクラは一週間前に漬けたものです。


鮭(アキアジ)を一匹頂くんですが、1人では食べきれないので、半身は冷凍するんですが、それでも食べきれず残った鮭は傷む前に鮭フレークにしました。

冷蔵庫の中、ご飯のお供ダラケです。

これ言っちゃダメですが、大阪に帰ってから多分、ウニ、イクラを食べる事はないと思います。
最上級の味を知ってしまったのもありますが、

単純に食べ過ぎですわ、、
なんでもそうですが、もう少し食べたいなー位のバランスで食べるのが一番だと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

matsukata

厄年を終え43歳になりました。 スノーボード歴20年以上、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダー嫁のゲス不倫が原因での離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!