【ブラック】空調工事業で働いてた事【過去一番激務】

もう20年近く前の話なんですが、

スノーボード山籠もりで知り合った彼女(後の嫁)が東京出身、山を下りた後の事が決まっておらず、彼女の熱烈な勧めもあり上京、彼女の実家に居候させてもらいながらの就職活動。

当時発売されていたガテンと言う現場系求人雑誌で見つけたのが、業務用エアコン(空調)工事の会社。
家庭用エアコン工事経験者の私は採用されたのですが、
結論から申し上げます、この会社は私が今まで働いた中で一番激務、そしてブラックでした(笑)

【元エアコン工事屋】エアコン工事屋の稼ぎ?儲かる?【家庭用ポン付け】

2020年8月18日

現場代理人候補


私は業務用エアコン取付技術を習得したくて、この会社に就職した訳なんですが、会社は大手空調製造会社ダイ〇ンや大手リフォーム会社等がクライアント。
施工は下請け業者に丸投げって感じでして、クライアントと施工業者との間に入る現場代理人って現場監督的なポジションが主な業務でした。
技術を習得したい私は下請け業者に交じり施工業務も手伝ってました。

試用期間6ヶ月、カーナビもなく首都高、現場入り8時

採用されたのですが、試用期間は6ヶ月との事でした。
今思えば、6ヶ月ももたずに辞めていく方が多いからだと思います。

入社後にすぐ車(ハイエース)を与えられるのですがカーナビレス、東京の会社なんですが、現場は千葉や埼玉等が多く、現場まで首都高速を使いますが、上京したての私、首都高速なんて乗った事ありません、ホント首都高のJCTを覚える為にマップル(紙媒体地図)を穴が空くかのごとく見て覚えました。

だいたいの現場って8時からだと思うのですが、空調工事も例外ではなく8時です。
現場に8時なので、会社から車で現場に行く為、出勤時間は6時とか6時半になります。
現場が終わるのが17時、それから会社に帰り翌日の段取りしたりで、退社が20時~でした。
通勤時間は約30分ほどでしたが、家に帰って風呂、飯、寝るだけの生活でした。

ちなみに月の休みは5日だけ、試用期間は日給制だったのですが、当初日給10,000円を社長から提示されましたが、先輩からの提言もあり日給12,000円となりました。
年金、健康保険なども加入していなかったので、月額はきっちり30万円でしたが、休憩時間を引いて12時間労働だとして、時給は1,000円ですね、、

当日の朝にいきなり夜勤と告げられ24時間労働


これが一番びっくりした事なんですが、朝会社の事務所に入るなり、今日夜勤だからと告げられます。
もちろん日中も仕事していますので、日勤夜勤と24時間労働です。

休業日がない商業施設等では営業終了後の夜に工事します。
夜勤空けは当たり前なんですが、仕事は休みなんですが、翌日は出勤せねばならず、睡眠のバランスが崩れますし、しんどかったですね。

そんな日勤からの夜勤24時間労働は何回かありました。24時間労働の報酬は日給(12,000円) X 2 = 24,000円。
深夜手当残業手当なんてものもありません。

毎週、まったく意味のない会議


毎週、木曜日とかに会議と言った社長の自己満足的でしかない会があるのですが、現場仕事なんで社員の帰社時間はバラバラ。早く帰社した社員はそんなクソ会議の為に会社に残らないといけませんし、遅く帰ってくる社員の帰社から会議が始まるので、20時以降から始まる事が多いです。

ちなみに議題はほんとどうでもエエ事ばかりで、ジャイアン(社長)のリサイタルです。

そんな会議の日、私は1度帰宅してしまった事があり、帰宅しているのにも関わらず電話で呼び出され会社に戻る事になりました。

激務で山手線に飛び込めば楽になれると本気で思いました


山手線で通勤していたのですが、あまりの会社がブラック激務だったので、山手線に飛び込めば楽になれる(終わる)と本気で思いました。
ちなみにこの会社に入ってからめっちゃ痩せました。
そんな痩せた私を見て、

うちの会社に入ると全員痩せるんだよな(笑)

と言う社長、、だめだこりゃ

色々あり試用期間終了ギリギリで辞めました

プロフィールにも書いてますが、色々な事がありブラック空調工事会社を辞める事になりました。

この会社に勤め退職をきっかけに空調業からは足を洗い、違う業種(webデザイナー)に進む事になりました。

よくニュースで過労が原因での自殺、とか観ますが私は気持ちがわかります。
でも、死ぬくらいなら会社を辞めればイイだけです。
過労死もそうです、死ぬ前に会社を辞めるべきです。

明石家さんまさんの言葉、生きてるだけで丸儲け

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツカタをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

厄年も終え45歳になりました。 スノーボード歴20年以上、釣り、ゴルフ、アウトドア、D.I.Y、料理、酒、バイク、、、趣味多数、、 大阪出身。恋愛、結婚を機に上京。東京での生活も10年そこそこの時の本厄の年、 ボーダ(境界性パーソナリティー障害)嫁のゲス不倫が原因での一方的離婚。最愛の息子と離れての生活を余儀なくされる、、 そんなこんなで、これからの人生の春を信じて奮闘中!!